山口俊は「素晴らしいスプリットと自信をつけた」米メディアが好救援のワケを特集

ブルージェイズ・山口俊【写真:AP】
ブルージェイズ・山口俊【写真:AP】

米メディア「ジ・アスレチック」が山口の特集記事を掲載「日本からメジャーへの適応は成功している」

 ブルージェイズ・山口俊投手に対する米メディアの評価が急上昇している。8日(日本時間9日)にニューヨーク州バッファローで行われたヤンキース戦では2点リードの5回から2番手で登板し、メジャー2勝目(3敗)をマーク。米メディア「ジ・アスレチック」は「最初の印象を変えるのは難しい。しかし、シュン・ヤマグチは少なくとも初めの印象を変えることができると証明した」と特集記事を掲載した。

 7月こそ2戦2敗、防御率36.00と散々なスタートとなったが、8月から安定した投球。8月26日(同27日)のレッドソックス戦で4回2安打1失点の好救援で初勝利を挙げるなどロングリリーフで結果を出している。同メディアは「シナリオライターが脚本にできるほど悲惨なスタートを切った」とデビュー2登板を振り返りつつも、8月以降の好投を高く評価している。

「ヤマグチはとてもシャープになった。実際、彼は直近の9度の登板では、19回1/3を投げ、防御率2.33、19奪三振である。シーズン始めの2度の登板の後、防御率36.00だったが、それ以降の活躍で、これまでに防御率を3.98まで落とした。始めの登板は確かに醜かったが、今では彼の日本からメジャーリーグへ適応は成功しているように見える、と言っていいだろう」

 では、山口の成功の秘訣はどこにあったのか。同メディアは速い球を投げようとして崩れていた投球フォームを戻したこと、スプリットを要因に挙げた。

勝負球スプリットは被打率.189、新天地にも適応「クラブハウスでもっと笑うようになった」

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY