野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武山川の4番復帰で見えた“焦り” 専門家が指摘する「らしくないバッティング」

西武が敵地でオリックスに3-6で敗れ、3連敗を喫した。不振から、前日18日の試合でスタメンを外れていた主砲の山川穂高内野手が「4番・一塁」でスタメン復帰したが、チャンスで打てず。ここまで21本塁打、64打点ながら、打率.223と低迷している主砲に対し、現役時代巨人で活躍し、楽天でヘッドコーチを務めた野球評論家の松本匡史氏は「焦りがバッティングに出ている」と指摘。「フォームは崩れていないが、タイミングが合っていない」と、山川のバッティングについて分析した。

西武・山川穂高【写真:荒川祐史】
西武・山川穂高【写真:荒川祐史】

専門家は「打席で焦りが出ている」と分析

■オリックス 6-3 西武(19日・京セラドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 西武が敵地でオリックスに3-6で敗れ、3連敗を喫した。不振から、前日18日の試合でスタメンを外れていた主砲の山川穂高内野手が「4番・一塁」でスタメン復帰したが、チャンスで打てず。ここまで21本塁打、64打点ながら、打率.223と低迷している主砲に対し、現役時代巨人で活躍し、楽天でヘッドコーチを務めた野球評論家の松本匡史氏は「焦りがバッティングに出ている」と指摘。「フォームは崩れていないが、タイミングが合っていない」と、山川のバッティングについて分析した。

 CS進出に向け、これ以上、上位チームとゲーム差を離される訳にはいかない厳しい状況の中で、2試合ぶりにスタメンに戻った山川は、この日もチームを勝利に導くことはできなかった。初回は2死一塁の場面で二ゴロ。4回は1死三塁のチャンスで遊ゴロと、ともに初球を打って凡退した。先頭で迎えた7回には左中間へのヒットを放ち、9回には1死から四球を選んだが、松本氏の目には「まだ調子が悪い」と映ったという。

「ずっと不調で悩んでいる感じを受ける。1、2打席目は走者を置いて、初球から打ちにいくのはいいが、タイミングが全く合っていない。1打席目は止めたバットに当たっただけで、本来の山川らしくないバッティング。2打席目も初球を狙いにいって、タイミングが合わなかった。1死三塁で外野フライでもいい場面。甘い球でもなかったので、最初から打ちにいかなくてもいいし、本来のいい状態なら、焦って打たなくても、山川なら選んで打てるのではないか。精神的なものが出ていると思う」

 それでも、3、4打席目には結果を残した山川。だが、この2打席にも、本来の調子ではない山川の現状が出ていたという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」