野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

4連敗を止められなかった鷹 天敵ロッテとの首位攻防戦へ残った不安と課題

ソフトバンクは24日、本拠地PayPayドームで行われたオリックス戦に3-3で引き分けた。投手陣は3点に抑えたものの、元気のない打線がオリックスを攻め切れず。4連敗で迎えた第3戦を勝ち切れずに、今季ワーストの連敗を止めることはできなかった。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

オリックスとの3連戦を2敗1分けで終えたソフトバンク

■ソフトバンク 3-3 オリックス(24日・PayPayドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ソフトバンクは24日、本拠地PayPayドームで行われたオリックス戦に3-3で引き分けた。投手陣は3点に抑えたものの、元気のない打線がオリックスを攻め切れず。4連敗で迎えた第3戦を勝ち切れずに、今季ワーストの連敗を止めることはできなかった。

 2回にグラシアルのソロ本塁打で先制。だが、先発の和田が4回にロドリゲスに同点ソロ、5回には若月に勝ち越しの適時二塁打を許して逆転された。その裏に中村晃の2ランで追いついたものの、その後は決め手に欠けた。

 8回1死一、二塁ではグラシアル、松田宣が相次いで遊ゴロに凡退。9回1死一塁では周東の打席でバスターエンドランを仕掛けたものの、打球は二塁手の正面を突いて最悪の併殺打となった。

 延長10回にも2死から柳田が四球で出塁。ただ、8回終了時点でデスパイネ、グラシアルを交代させており、打線に助っ人の名前はなし。代打の川島が三塁への内野安打で繋いだものの、最後はグラシアルに代わって守備についていた真砂が見逃し三振に終わり、引き分け決着となった。

 前日まで今季ワーストタイとなる4連敗。この日はなんとしても、その連敗を止めておきたかった。というのも、25日からは敵地ZOZOマリンスタジアムで2位のロッテと直接対決が控える。昨季大きく負け越し、今季もここまで3勝8敗1分と黒星が先行している宿敵。首位攻防戦を前にして、少しでも悪い流れは払拭しておきたかったはずだ。

 工藤公康監督はこの日の試合後に「得点という部分ではアレでしたけど、いいゲームはできましたし、リリーフ陣も3点で抑えてくれました。形は悪くないと思うので、今の形をキープしながら、野手の人たちが点を取ってくれるのをピッチャーは抑えて待つ、ということですね」と語る。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」