野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

首位ホークスVS好相性ロッテ 元鷹コーチが読む首位攻防3連戦「澤村の加入が…」

25日から2位・ロッテが本拠地で首位・ソフトバンクを迎え、首位攻防3連戦を戦う。現在、両チームのゲーム差は2。ソフトバンクが46勝33敗4分、ロッテが45勝36敗2分で、今季の直接対決はロッテが8勝3敗1分と大きく勝ち越している。現役時代、ヤクルトなどでプレーし、楽天、ソフトバンクでコーチを務めた野球解説者の飯田哲也氏に、この3連戦の勝負のポイントをいくつか挙げてもらった。

ロッテ・井口監督(左)とソフトバンク・工藤監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口監督(左)とソフトバンク・工藤監督【写真:荒川祐史】

昨年までホークスコーチ飯田哲也氏は「6回までの攻撃」「捕手」に注目

 25日から2位・ロッテが本拠地で首位・ソフトバンクを迎え、首位攻防3連戦を戦う。現在、両チームのゲーム差は2。ソフトバンクが46勝33敗4分、ロッテが45勝36敗2分で、今季の直接対決はロッテが8勝3敗1分と大きく勝ち越している。現役時代、ヤクルトなどでプレーし、楽天、ソフトバンクでコーチを務めた野球解説者の飯田哲也氏に、この3連戦の勝負のポイントをいくつか挙げてもらった。

【写真】「髪型も一緒」「2人とも男前」鷹・松田宣が公開した双子の兄・教明さんとの貴重な2ショット写真

 ロッテは8回の男・ハーマンがケガで離脱したが、唐川、澤村、益田の勝利の方程式が機能している。一方、ソフトバンクにも高橋礼、モイネロ、森と安定したリリーフ陣がいる。それだけに、両軍ともいかに中盤の6回までにリードを奪うかが、勝利につながってくると指摘する。

「ロッテは澤村の加入が大きく、唐川、益田も調子がいいので、6回までにリードすれば勝つ確率は高い。それはソフトバンクも分かっているはず。ただ、ソフトバンクのリリーフ陣にも同様のことが言える。両軍とも6回までに、いかにコツコツ点を積み重ねていくか。犠打やエンドランなどを仕掛けて動く、取れる時に取る野球をやったチームが勝ちに近づくと思います」

 首位を走るソフトバンクが今季、唯一負け越しており、苦手にしているのがロッテだ。2017年までソフトバンクにいた鳥越裕介ヘッド兼内野守備コーチ、清水将海バッテリーコーチの存在は切り離すことはできないだろう。

「選手の性格も何もかも知っている鳥越コーチがベンチにいるのが大きい。清水コーチも(ソフトバンクの)甲斐に配球を教え込んだコーチだから、少なからず、甲斐が考えることは分かる。甲斐はピンチになると直球が減り、外角ばかりの配球になる傾向がある」

 甲斐に限らず、バッテリーの思惑を相手に見られている中で、この3連戦でどう対処していくか、スタメンから駆け引きは始まる。

 当然、鍵となるのは両チームの先発。飯田氏は「ソフトバンクは前回、(ロッテ)二木にやられているので、対策はしてくるはず」と予想する。そして、両チームの先発とバッテリーを組む捕手にも注目しているという。

「24日のオリックス戦ではベテラン高谷が先発マスクを被ったが、ソフトバンクはロッテに対して誰を起用するのか。逆にロッテは(正捕手の)田村が(ケガで)いないので、捕手勝負になるかもしれない」

 現時点では、優勝争いはホークス有利とみる飯田氏。だが、ソフトバンクにも弱点はあるという。それは、勝負所の代打の不在だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」