野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテに敗れて首位陥落危機… ソフトバンクの“奇策”高谷スタメンに感じた疑問

ソフトバンクは25日、敵地ZOZOマリンスタジアムで2位のロッテと首位攻防戦を戦い、7-4で敗れて5連敗となった。2回に先発のムーアが打者一巡の猛攻を浴びて大量5失点。1点差まで追い上げたものの、ビハインドが響いて追いつけなかった。

ソフトバンク・高谷裕亮(左)【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・高谷裕亮(左)【写真:藤浦一都】

先発のムーアが2回に打者一巡の猛攻を浴びて一気に5点を失った

■ロッテ 7-4 ソフトバンク(25日・ZOZOマリン)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ソフトバンクは25日、敵地ZOZOマリンスタジアムで2位のロッテと首位攻防戦を戦い、7-4で敗れて5連敗となった。2回に先発のムーアが打者一巡の猛攻を浴びて大量5失点。1点差まで追い上げたものの、ビハインドが響いて追いつけなかった。

 この日、工藤公康監督は思い切った策に打って出た。先発マスクを正捕手の甲斐拓也ではなく、ベテランの高谷裕亮に託したのだ。昨季から天敵となっているロッテ側に甲斐の配球の傾向が掴まれているのでは、と考えたのだろう。ただ、先発のムーアは今季初めて、高谷とバッテリーを組むことになった。

 結果的には2回に味方のエラーもあって6安打を集中され、打者一巡の猛攻で5点を一気に失った。ムーアは3回以降は立ち直り、8回途中まで粘って投げたが、結果的にこの5点が重くのしかかった。8回には代わった松本が2点を追加されてトドメを刺された。これでロッテ戦は4連敗となり、今季の対戦成績は3勝9敗1分けとなった。

 思い切った高谷の起用だったが、それは“裏目”に出ることになった。疑問だったのは、なぜ“このタイミング”での捕手の交代だったのか、だ。

 ムーアは今季この試合まで6試合に先発し、その全てで甲斐とバッテリーを組んできた。初登板の西武戦こそ4回6失点と炎上したが、その後は大きく崩れることなく好投を続けて3連勝してきた。ムーアが試合後に甲斐のリードに対して感謝を口にすることも多く、綿密にコミュニケーションを重ねてきた女房役への厚い信頼を感じさせていた。

 先にも記したが、リード面の傾向などを首脳陣は不安に思ったのだろう。ただ、ムーアと甲斐のバッテリーは9月4日にロッテと対戦し、球数こそ多くなったものの、6回途中1失点と抑え込んでいた。このコンビに関して言えば、決して打たれてはいなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」