野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • お知らせ
  • DeNAラミレス監督の采配意図は? 3回好機で投手・上茶谷がそのまま打席、直後に交代…

DeNAラミレス監督の采配意図は? 3回好機で投手・上茶谷がそのまま打席、直後に交代…

DeNAは30日、横浜スタジアムで行われたヤクルト戦に3-5で敗れた。最下位相手の惜敗で貯金はなくなり、9月の月間成績も11勝14敗2分と3つの負け越しとなった。

DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:荒川祐史】
DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:荒川祐史】

「その時点で代打陣を使いたくなかった」と説明も、試合終了時に野手2人余る

■ヤクルト 5-3 DeNA(30日・横浜)

 DeNAは30日、横浜スタジアムで行われたヤクルト戦に3-5で敗れた。最下位相手の惜敗で貯金はなくなり、9月の月間成績も11勝14敗2分と3つの負け越しとなった。

 9月最後の試合も今季のラミレス采配を象徴するようなポイントがあった。前回の登板で今季初完封をマークした先発の上茶谷が3回までに5失点と背信投球。打線は今季まだ勝ち星を挙げていない石川のベテランらしい丁寧な投球で2回まで1人の走者も出すことができなかった。

 ヤクルトのリードが5点に広がった3回、DeNAは先頭の倉本が詰まりながらもレフト前に落とすヒットで出塁し、無死1塁と反撃のチャンスを作った。ここで打者は8番に入った投手の上茶谷。5点ビハインドの状況もあり、ベンチは強行策を選んだが、上茶谷は3球目のシュートに詰まらされてピッチャーゴロ併殺打で反撃の芽は潰えた。

 無死1塁で投手でもバントなしの強硬策は、点差を考えればそれほど突飛な策ではない。それでも8番投手の場面で、バントなしの強硬策失敗は今季を象徴するような場面だった。さらに疑問だったのは、直後の4回にマウンドに上がったのは上茶谷ではなく2番手の三上だった。

 大量ビハインドの中で、この試合初めての好機になぜ投手に代打を出さなかったのか。ラミレス監督は、まず上茶谷のアクシデントについて説明した。「右手の指がつったということだった。ボールを握る感覚がなくなっていたということだったので、代えなければならなくなった」。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」