野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • ダルビッシュ、飛躍の2020年一問一答「感謝しかない」「トップとの差はまだ遠い」

ダルビッシュ、飛躍の2020年一問一答「感謝しかない」「トップとの差はまだ遠い」

カブスのダルビッシュ有投手は2日(日本時間3日)、本拠地で行われたマーリンズとのワイルドカードシリーズ第2戦に先発。6回2/3を5安打6奪三振2四球2失点(自責2)と好投したが、打線の援護に恵まれず、0-2で敗れた。これでチームはシリーズ敗退が決まり、ダルビッシュのメジャー9年目は終戦した。

本拠地でのワイルドカードシリーズ第2戦マーリンズ戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】
本拠地でのワイルドカードシリーズ第2戦マーリンズ戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】

メジャー9年目は最多勝獲得、サイ・ヤング賞有力候補に挙がる活躍ぶり

■マーリンズ 2-0 カブス(WCシリーズ・日本時間3日・シカゴ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 カブスのダルビッシュ有投手は2日(日本時間3日)、本拠地で行われたマーリンズとのワイルドカードシリーズ第2戦に先発。6回2/3を5安打6奪三振2四球2失点(自責2)と好投したが、打線の援護に恵まれず、0-2で敗れた。これでチームはシリーズ敗退が決まり、ダルビッシュのメジャー9年目は終戦した。

 34歳右腕は今季、8勝を挙げて日本人投手初の最多勝を獲得。ナ・リーグ2位の防御率2.01、同5位の93奪三振を記録するなど、サイ・ヤング賞有力候補とされるパフォーマンスで沸かせた。この日、試合終了後の会見では、飽くなき向上心を見せつけた。

――今日の投球について。
「今日はそんなに力強かったわけではなかったので、すごく慎重に投げました」

――今季を振り返って。
「僕が投げた試合でチームが多く勝てたのが良かったです」

――プレーオフでは打線が復活して援護してくれると考えていたか。
「最後のホワイトソックスの時も良かったですし、点は普通に取れると思っていましたけど、向こう(サンチェス)がいいピッチングだった」

――待望のプレーオフだったが敗退。今の気持ちは。
「今日は僕としては、レスターにもう1試合、最低でもリグリー(フィールド)で投げてもらいたいっていうのが、僕の今日の一番で唯一のモチベーションだった。それが達成できなかったのが僕の中ではすごい悔しいです」

――昨季後半からここまで、キャリアの中で最高の状態にあるか。
「今までの中でもちろん、人生の中で段違いでいいと思いますけど、もっと良くなると思っています、今は」

――レスターがシカゴで残した功績について。
「やっぱり僕ら投手陣にとっては本当に大きな存在なので、来年ももちろん残ってくれることをみんなで願っています」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」