野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神・西勇が巨人戦3連勝 元Gの分析家も脱帽「同じコースの出し入れが完璧」

阪神の西勇輝投手は2日、本拠地・甲子園球場での巨人戦に先発して8回5安打、8奪三振無四死球で1失点の快投を演じ、8勝目(4敗)を挙げた。今季巨人に対しては、前回対戦の9月17日に4安打完封するなど、3勝0敗、対戦防御率1.47と滅法強い。1987年から22年間にわたって巨人のスコアラーを務め、特に2002年以降はチーフスコアラーとしてデータ収集・分析を任された三井康浩氏も「同じコースの出し入れが完璧だった」と“脱帽”した。

阪神・西勇輝【写真:荒川祐史】
阪神・西勇輝【写真:荒川祐史】

西勇輝は巨人戦負けなし3勝、防御率1.47、圧巻は3種類の変化球駆使した外角低め4連投

■阪神 4-1 巨人(2日・甲子園)

 阪神の西勇輝投手は2日、本拠地・甲子園球場での巨人戦に先発して8回5安打、8奪三振無四死球で1失点の快投を演じ、8勝目(4敗)を挙げた。今季巨人に対しては、前回対戦の9月17日に4安打完封するなど、3勝0敗、対戦防御率1.47と滅法強い。1987年から22年間にわたって巨人のスコアラーを務め、特に2002年以降はチーフスコアラーとしてデータ収集・分析を任された三井康浩氏も「同じコースの出し入れが完璧だった」と“脱帽”した。

 この日、三井氏がとりわけ「圧巻だった」と舌を巻いたのが、8回1死走者なしで左の代打・田中俊を迎えた場面だった。1球目は外角低めいっぱいにチェンジアップを配し、ストライク。2球目は外角低めのスライダーがわずかに外れ、ボール。3球目にシュートでファウルを打たせた後、4球目にボールゾーンから外角低めいっぱいへ切れ込むスライダーで、見逃し三振に仕留めた。

 わずか4球の間に、同じ外角低めに3種類の変化球を投じ、しかも微妙にストライクゾーンへ出し入れして、田中俊を翻弄した。この日の西勇を象徴する配球だった。

 数少ないピンチだった4回2死一、二塁でも、大城を内角のスライダーで詰まらせ、遊飛に打ち取った。三井氏は「西勇の強みは、鋭いスライダーとシュートがあること。打者から見ると、途中まで同じ軌道で来て、逆方向へ曲がるので、なかなかとらえられない」と説明。「この日くらい調子がいいと、どのチームでも打つのは難しかったでしょう」と結論付けた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」