野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

勝利よりも成長、機会、結果で1軍へ 元ハム田中幸雄氏が語る2軍監督の役目とは?

選手時代は日本ハム一筋22年、2007年には生え抜き選手史上2人目となる通算2000安打の偉業を達成した「ミスターファイターズ」田中幸雄さん。選手としてだけでなく、現役を退いた後には日本ハムの1軍コーチ、ファームの監督をなどを歴任したレジェンドの中のレジェンドだ。現在は1軍、ファームの解説を務めており、試合を通してその声を聞いているファンも多いだろう。そんな田中さんに、日本ハムの選手について話を聞いた。後半はファームの話題を中心にお送りする。

日本ハムで活躍した田中幸雄氏が2軍が担う役割について語る【写真:(C)PLM】
日本ハムで活躍した田中幸雄氏が2軍が担う役割について語る【写真:(C)PLM】

ファームで大活躍し1軍抜擢の樋口龍之介の強みと「将来像」はいかに

 選手時代は日本ハム一筋22年、2007年には生え抜き選手史上2人目となる通算2000安打の偉業を達成した「ミスターファイターズ」田中幸雄さん。選手としてだけでなく、現役を退いた後には日本ハムの1軍コーチ、ファームの監督をなどを歴任したレジェンドの中のレジェンドだ。現在は1軍、ファームの解説を務めており、試合を通してその声を聞いているファンも多いだろう。そんな田中さんに、日本ハムの選手について話を聞いた。後半はファームの話題を中心にお送りする。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 日本ハムのファームを語るにあたって、間違いなく筆頭に上がるのはルーキー・樋口龍之介内野手だろう。育成選手ながらも取材時点(8月8日試合終了時点)で打率.381出塁率.495、7本塁打と圧倒的な成績を残している。田中さんは、「現時点でも非常に数字が出ている」と高評価。身長が168センチとプロ野球選手としてはやや小柄ながらも、長打を連発しているのが特に印象的だ。

「解説などでファームの試合を見ていますが、横幅はガッチリしていて、遠目に見ていても大きく見える選手です。小柄ですけどスイングもしっかり振り切れていて、強くて速い。まず一番素晴らしいと思うのが、ボールにコンタクトする能力が非常に高いところですね」

 小柄でコンタクト力に優れた選手となると、まず思い浮かぶのはチームメイトであり、横浜高校の1年先輩でもある近藤健介外野手だろう。その他にも森友哉捕手(西武)や吉田正尚外野手(オリックス)など、体格を感じさせない打撃を見せる選手が増えつつある。こうした選手に共通しているのも「コンタクト力」だ。

「コンタクト力は一番大事ですよね。形がきれいでもバットに当たらなければ意味がないですしね。その中で結果をしっかり出している、数字を出しているというのは素晴らしいと思います」

 気になるのは樋口の将来像。本人は先輩の近藤を目標に掲げる場面もある一方で、田中さんが挙げたのはかつてのチームメイトだ。

「左打者ですが、小笠原道大はあれだけ打って、打点も挙げられるというバッターでしたね。近藤はどちらかというと率が高いバッターですから、(樋口には)長打力もあってホームランも打てる、パワー系の打者になってもらえたら」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」