野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

かつての「ドラ1」が迎える終盤戦… 今季1軍未出場の選手たちの現在地は?

新型コロナウイルスの影響で3か月遅れて開幕した2020年のプロ野球。今季は120試合制で実施され、すでにシーズンの4分の3が終わった。ペナントレースもいよいよ佳境。優勝争いやタイトル争いの行方と共に、この時期、話題となるのが選手の去就だろう。

楽天・オコエ瑠偉、日本ハム・斎藤佑樹、阪神・伊藤隼太(左から)【写真:荒川祐史】
楽天・オコエ瑠偉、日本ハム・斎藤佑樹、阪神・伊藤隼太(左から)【写真:荒川祐史】

内川は2軍で3割超えも開幕から2軍暮らしが続く

 新型コロナウイルスの影響で3か月遅れて開幕した2020年のプロ野球。今季は120試合制で実施され、すでにシーズンの4分の3が終わった。ペナントレースもいよいよ佳境。優勝争いやタイトル争いの行方と共に、この時期、話題となるのが選手の去就だろう。

【画像】「違和感感じませんか?」 清宮が“大先輩”斎藤佑の上に腰掛ける様子を杉谷が公開

 各チームが90試合以上を消化した現時点で、今季の1軍出場がまだない選手たちもいる。その中には各球団のドラフト1位でプロの世界に飛び込んできた者も。プロで輝かしい実績を残してきた選手、プロ入り後もなかなか結果が出せていない選手……。今季1軍未出場の主なドラフト1位選手を見ていこう。(今季2軍成績は5日時点)

・内川聖一(横浜→ソフトバンク)
 2000年のドラフト1位で大分工から横浜入りした内川。2011年にはFA権を行使して地元・九州のソフトバンクへと移籍した。2008年、2011年と両リーグで首位打者に輝き、通算2171安打を放ってきた安打製造機だが、今季はチーム方針なのか、2軍で3割を超える打率をマークしながら、開幕からファーム暮らしが続いている。

・田中正義(ソフトバンク)
 2016年のドラフトで5球団が競合した右腕。だが、プロ入り後は度重なる故障に苦しんでいる。1年目は右肩の違和感で出遅れ、1軍出場なし。2018年に10試合に登板したが、その後は体調不良などもあってファーム暮らしだった。2019年には右肩の張りで離脱。今季もキャンプ中に右肘の張りで離脱し、その後もリハビリ組での日々が続いている。

・斎藤佑樹(日本ハム)
 2010年のドラフトで4球団が競合し、日本ハムに入団。1年目に19試合に先発して6勝をマークしたが、これが現時点でキャリアハイの成績。2017年に1勝をマークして以降、1軍での勝利はなく、今季は開幕からファーム暮らしが続く。2軍でも17試合で防御率7.64と苦しい成績となっている。

・大野奨太(日本ハム→中日)
 2008年のドラフト1位で東洋大から日本ハムに入団。1年目から1軍の戦力となり、2016年には自己最多の109試合に出場した。2017年オフにFA権を行使して中日に移籍したが、徐々に出番は減少。今季は木下拓やルーキーの郡司の台頭もあり、1軍未出場となっている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」