野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

どうなる奪三振王争い 4年連続の巨人勢を止める中日左腕、パは若きエースが盤石か?

シーズンも終盤に差し掛かりペナント争いに注目が集まるが、もう一つの注目は個人タイトルだろう。ここでは“力と力の勝負”でファンを沸かせ、球界を代表する投手が手にしてきたセ・パの奪三振王にスポットを当てる。

オリックス・山本由伸(左)と中日・大野雄大【写真:荒川祐史】
オリックス・山本由伸(左)と中日・大野雄大【写真:荒川祐史】

パ・リーグはオリックスの山本が頭一つ抜ける132奪三振をマーク

 シーズンも終盤に差し掛かりペナント争いに注目が集まるが、もう一つの注目は個人タイトルだろう。ここでは“力と力の勝負”でファンを沸かせ、球界を代表する投手が手にしてきたセ・パの奪三振王にスポットを当てる。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 以下は現在の奪三振数。まずはパ・リーグ

オリックス 山本由伸 16試合、111回2/3 132奪三振 奪三振率10.64
ソフトバンク 千賀滉大 14試合、92回2/3 113奪三振 奪三振率10.97
楽天 涌井秀章 16試合 100回 95奪三振 奪三振率8.07
日本ハム 上沢直之 13試合 86回 84奪三振 奪三振率8.79

 オリックスの山本が頭一つ抜け、2位のソフトバンク千賀に19個の差をつけトップを走っている。試合数、イニングの違いはあるが奪三振率は千賀がやや上回っている。山本、千賀はこのまま中6日で回ればと残り4試合に登板が可能だ。

 山本は直近の5試合でも全て7イニング以上を投げ平均9.6奪三振をマーク。一方、千賀は前回登板の6日・西武戦では6回で降板となったが平均7.4イニングを挙げ平均10.2奪三振と2年連続の奪三振王のタイトルに向け猛チャージ。だが、試合数が同じで山本の勢いが止まらない限り、山本が初の奪三振王のタイトルを獲得することが濃厚だろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」