野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテの救世主になれるか? 藤原、高部に次ぐチームを救う若き逸材たちの現在地

現在、優勝争いを繰り広げているロッテ。好調の1軍のみならず、2軍においてもファンにとって楽しみな要素が存在したことをご存じだろうか。9月上旬から、1番に藤原恭大、2番に平沢大河、4番・山口航輝という打順が固定され、若き逸材が揃って上位打線に並んでいたのである。また、大卒ルーキーの高部瑛斗も3番や5番といったクリーンアップの一角を務め、打率.368(10月7日終了時点)という好成績を記録していた。

ロッテ・藤原恭大【写真:荒川祐史】
ロッテ・藤原恭大【写真:荒川祐史】

期待の若手が1番から5番のうちの大半に座っていた、ロッテの2軍オーダー

 現在、優勝争いを繰り広げているロッテ。好調の1軍のみならず、2軍においてもファンにとって楽しみな要素が存在したことをご存じだろうか。9月上旬から、1番に藤原恭大、2番に平沢大河、4番・山口航輝という打順が固定され、若き逸材が揃って上位打線に並んでいたのである。また、大卒ルーキーの高部瑛斗も3番や5番といったクリーンアップの一角を務め、打率.368(10月7日終了時点)という好成績を記録していた。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 1軍で新型コロナウイルスの感染が拡大した影響で野手が大きく不足したこともあり、ファームのチーム編成が困難なため、残念ながら、10月11日までのロッテのイースタン・リーグ公式戦の中止が発表された。ロマンあふれる2軍の上位打線が見られなくなるのは、ファンとしては残念な面もあるが、このタイミングで1軍に昇格した藤原と高部が、1軍でどんなパフォーマンスを見せてくれるか、という見どころも同時に生まれている。

 今回は、先ほど名前を挙げた4名の若手たちが、今季の2軍でどのような活躍を見せてきたのかを、あらためて見ていきたい。先日1軍に昇格した2人だけではなく、近未来のチームを担うことが期待される山口と、苦闘が続く中で持ち味を失っていない平沢の現状についても、個別に紹介していこう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」