野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神は3人が主力、広島はルーキー奮闘… 過去5年“ドラ1”たちの現状は? 【セ編】

2020年のプロ野球ドラフト会議は10月26日に行われる。今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受け無観客で行われ抽選は球団ごとに個室に分かれモニター越しに行われる。今年は春夏の甲子園が中止になるなどアマチュア選手にとっては大舞台での“お披露目”は例年より激減した。

阪神・大山悠輔【写真:荒川祐史】
阪神・大山悠輔【写真:荒川祐史】

阪神は大山が4番、近本は上位打線に定着、馬場は4年目でリリーフとして開花

 2020年のプロ野球ドラフト会議は10月26日に行われる。今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受け無観客で行われ抽選は球団ごとに個室に分かれモニター越しに行われる。今年は春夏の甲子園が中止になるなどアマチュア選手にとっては大舞台での“お披露目”は例年より激減した。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 それでも明石商・中森俊介、中京大中京・高橋宏斗、福岡大大濠・山下舜平大、近大・佐藤輝明、早大・早川隆久ら注目株が集まっている。12人しか手にできない栄光のドラフト1位はどれだけ球団の戦力になっているのか、ここでは過去5年間で指名したドラフト1位の選手たちが今季どれだけ活躍したのか各球団の“ドラ1力”を見ていく。今回はセ・リーグ編。

◯巨人
2015 桜井俊貴(17試合2勝4敗0S0H 4.91)
2016 吉川尚輝(88試合265打数76安7本30点 .287)
2017 鍬原拓也(5試合1勝0敗0S0H 6.43)
2018 高橋優貴(1試合0勝0敗0S0H 3.38)
2019 堀田賢慎(1軍出場無し)

◯阪神
2015 高山俊(41試合45打数7安0本3点 .156)
2016 大山悠輔(92試合335打数96安25本68点 .287)
2017 馬場皐輔(28試合2勝1敗0S8H 2.33)
2018 近本光司(96試合370打数108安9本35点 .292)
2019 西純矢(1軍出場なし)

◯中日
2015 小笠原慎之介(4試合1勝3敗0S0H 7.11)
2016 柳裕也(11試合3勝6敗0S0H 4.47)
2017 鈴木博志(6試合0勝0敗0S0H 12.91)
2018 根尾昂(6試合15打数1安0本0点 .067)
2019 石川昂弥(14試合36打数8安0本1点 .222)

◯DeNA
2015 今永昇太(9試合5勝3敗0S0H 3.23)
2016 浜口遥大(16試合6勝5敗0S0H 4.60)
2017 東克樹(1軍出場なし)
2018 上茶谷大河(10試合2勝3敗0S0H 4.02)
2019 森敬斗(1軍出場なし)

◯広島
2015 岡田明丈(1軍出場なし)
2016 矢崎拓也(6試合0勝0敗0S0H 9.39)
2017 中村奨成(4試合4打数0安0本0点 .000)
2018 小園海斗(1試合1打数0安0本0点 .000)
2019 森下暢仁(15試合8勝3敗0S0H 2.28)

◯ヤクルト
2015 原樹理(4試合2勝2敗0S0H 5.52)
2016 寺島成輝(18試合1勝0敗0S3H 3.28)
2017 村上宗隆(95試合338打数107安21本70点 .317)
2018 清水昇(41試合0勝4敗0S24H 3.14)
2019 奥川恭伸(1軍出場無し)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」