野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹東浜、7回0封で自身6連勝の8勝目 みなぎる充実感「去年の今頃は不安の中で…」

ソフトバンクの東浜巨投手が17日の本拠地・楽天戦に先発し7回4安打7奪三振無失点の快投で自身6連勝となる8勝目を挙げた。チームの7連勝に大きく貢献した右腕は「今年は拓也に引っ張られている」と女房役に感謝した。

楽天戦に先発し7回無失点で8勝目を挙げたソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】
楽天戦に先発し7回無失点で8勝目を挙げたソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】

東浜から始まったチーム7連勝「チームが勝っているのが一番。ある意味、無欲なのかなと」

■ソフトバンク 5-0 楽天(17日・PayPayドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの東浜巨投手が17日の本拠地・楽天戦に先発し7回4安打7奪三振無失点の快投で自身6連勝となる8勝目を挙げた。チームの7連勝に大きく貢献した右腕は「今年は拓也に引っ張られている」と女房役に感謝した。

 東浜が楽天打線を相手に7回零封。4回には1死満塁、7回には1死二塁というピンチを背負いながらも後続を断ち、楽天のスコアボードに「0」を並べていった。初回は2つの三振を含む3者凡退に抑える上々の立ち上がり。「2回からちょっと崩して、4回にああいう形(1死満塁)になってしまった」と東浜。その満塁の場面では「状態うんぬんじゃないという気持ちで、途中から開き直ってゾーンでしっかり勝負した」という。

 これで9月10日の楽天戦から自身6連勝。チームの7連勝も10月10日の東浜の白星からスタートしているが「チームが勝っているのが一番ですし、そこに貢献するようにという気持ちでしかマウンドに上がっていない。ある意味、無欲なのかなと思います」と振り返る。

「1試合1試合いい時も悪い時もありますが、シーズン中悪い時に何とか粘って投げてこれたことが、今になって引き出しになっていると思います。今日の試合とかは特にそうだったと思います」と、経験の積み重ねが現在の好調さに繋がっているという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」