野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人は9連敗中、ロッテと中日が強運…12球団でドラフト“くじ引き”に強いのは?

2020年のドラフト会議は10月26日に開催される。今年は新型コロナウイルスの感染拡大によりリモートでの実施となるドラフト。果たして各球団はどのような戦略を思い描き、そしてどの選手に1巡目で入札するのだろうか。

ロッテ・井口監督、中日・与田監督、巨人・原監督、オリックス・中島監督代行(左上から時計回り)【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口監督、中日・与田監督、巨人・原監督、オリックス・中島監督代行(左上から時計回り)【写真:荒川祐史】

早大の早川や近大の佐藤、中京大中京の高橋らの競合が予想される

 2020年のドラフト会議は10月26日に開催される。今年は新型コロナウイルスの感染拡大によりリモートでの実施となるドラフト。果たして各球団はどのような戦略を思い描き、そしてどの選手に1巡目で入札するのだろうか。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 今年のドラフトの注目株は早大の早川隆久投手や近大の佐藤輝明内野手、高校生では中京大中京の高橋宏斗投手、明石商の中森俊介投手、福岡大大濠の山下舜平大投手などが1位候補として注目され、重複指名となる可能性も。重複となった場合は各球団の代表者によるくじ引きで交渉権が確定する。

 この重複指名でのくじ引きは毎年ドラマが起こる。ファンにとっても、超有望株をひいきのチームが引き当てるかどうかは手に汗握る瞬間だろう。ドラフトの醍醐味の1つでもある。

 では、このくじ引きに“強い”球団はどこなのだろうか?過去10年のドラフトを振り返り、12球団のくじ引き“勝率”を検証してみよう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」