野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

体重4キロ減で「しんどいですよ」 それでも走り続ける鷹周東の献身ぶり

ソフトバンクの周東佑京内野手が25日、本拠地での西武戦で初回に今季45個目の盗塁を決めた。月間19個目で球団最多記録に並んだとともに、同じく球団タイ記録となる9試合連続盗塁もマークした。

初回に9試合連続盗塁を成功させたソフトバンク・周東佑京【写真:藤浦一都】
初回に9試合連続盗塁を成功させたソフトバンク・周東佑京【写真:藤浦一都】

月間19盗塁&9試合連続盗塁 2つの球団最多記録に並んだ

■ソフトバンク 7-2 西武(25日・PayPayドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの周東佑京内野手が25日、本拠地での西武戦で初回に今季45個目の盗塁を決めた。月間19個目で球団最多記録に並んだとともに、同じく球団タイ記録となる9試合連続盗塁もマークした。

 ソフトバンクは21日に点灯させた優勝マジック「8」を順調に減らし、ついに「2」に。27日からは2位ロッテとの直接対決で、実質上の“王手”をかけた。チーム同様、周東の走りも勢いを増している。

 初回、1番の周東は中前にきれいに弾き返す一打で出塁。2番・中村晃への4球目にスタートを切ると、今季45個目の盗塁に成功した。月間19個目で南海時代に広瀬叔功が記録した球団記録に並ぶとともに、9試合連続盗塁で同じく南海時代に島野育夫が記録した球団記録にも並んだ。

「ここ最近は初回に塁に出ることが少なかったので、今日は何としてもという気持ちはありました」。周東は、マスク越しにしてやったりの表情を見せた。

 8回にも中前打で出塁して2球目にスタートしたが、バッテリーに外されて8日以来の盗塁失敗。この日は月間盗塁数の球団新記録の樹立はならなかった。

 初回の盗塁は決していいスタートではなかったが、西武の捕手・岡田雅利が送球できずに楽々と成功。周東は自分のスタートを「めっちゃ遅かったです。ただ下手くそなだけなんで、練習します。(成功は)ラッキーもあります」と話し、8回の盗塁失敗には「あのカウント(1ストライク)から走ったのが良くなかった」と猛省した。

 9試合連続盗塁については「何よりも塁に出ていることを自信にしたい」と語る。この9試合のうち、ヒットで出塁したのは7試合。残り2試合は四球を選んで出塁している。連続記録のスタートとなった16日は、併殺崩れで塁に残ってからの盗塁だった。

 打撃も右肩上がりで、8月末時点で打率.208だったが、9月末には.249まで上昇。そして3安打を放った25日を終えた時点で.276となった。周東は打撃の好調さを「ホームランを打つバッターではないので、いかにコンタクトできるかということだけを考えていますし、それを継続できていると思います」と自己分析する。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」