野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ファンの声援は確実に力に! 観客動員後に数字を上げたパ・リーグの選手は?

新型コロナウイルスの影響で開幕が延期された今シーズンは、6月19日の開幕から7月9日までの間、感染対策のために無観客での開催を余儀なくされる事態に。それでも、7月10日から最大5000名までの観客動員が可能となり、9月19日からは各球場の収容人数の50%まで観客動員数が緩和。当初はプレーの音との声だけが響いていた球場にも、観客が1プレーごとに反応し、拍手を送るというかつてのような光景が少しずつ戻ってきている。

ソフトバンク・柳田悠岐、楽天・涌井秀章、日本ハム・西川遥輝(左から)【画像:(C)PLM】
ソフトバンク・柳田悠岐、楽天・涌井秀章、日本ハム・西川遥輝(左から)【画像:(C)PLM】

開幕当初は無観客試合が続いたが、観客動員は段階的に緩和されてきた

 新型コロナウイルスの影響で開幕が延期された今シーズンは、6月19日の開幕から7月9日までの間、感染対策のために無観客での開催を余儀なくされる事態に。それでも、7月10日から最大5000名までの観客動員が可能となり、9月19日からは各球場の収容人数の50%まで観客動員数が緩和。当初はプレーの音との声だけが響いていた球場にも、観客が1プレーごとに反応し、拍手を送るというかつてのような光景が少しずつ戻ってきている。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 さまざまな意味で昨年までとは異なるシーズンとなっている2020年のプロ野球だが、無観客で開催された序盤戦は少なからず勝手が違うものだったかもしれない。実際、試合が無観客で行われていた期間においてはなかなか調子が上がらなかったものの、観客が球場に戻ってきて以降は徐々に状態を上げていき、数字としても優れたものを残している選手たちは少なからず存在している。

 今回は、7月10日の観客動員の解禁、ならびに9月19日の動員制限の緩和という2つのタイミングを基準として、それ以降の試合で優れた数字を残しているたちを紹介。観客の存在を力に変えて躍動しているの顔ぶれはどのようなものであるのかを、あらためて確認していきたい

 まず、7月10日以降に数字を上向かせたたちの顔ぶれと、該当期間の成績について見ていきたい。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」