野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

なぜホークスはリーグVできたか? 元コーチが指摘する記録に残らない好走塁

ソフトバンクが27日、本拠地で2位ロッテを5-1で下し、17年以来3年ぶり19度目のリーグ優勝を飾った。ベテラン和田が6回無失点の好投で8勝目。7回以降は盤石のリリーフ陣がロッテの反撃を封じた。元オリックス監督で、97年から09年までダイエー、ソフトバンクでヘッドコーチや2軍監督などを務めた野球評論家の森脇浩司氏は「投打、そして主力と若手が噛み合っての優勝だ」と今季の戦いぶりを振り返った。

9月に急逝した川村隆史コンディショニング担当のユニホームを持つ中村晃(中央)【写真:藤浦一都】
9月に急逝した川村隆史コンディショニング担当のユニホームを持つ中村晃(中央)【写真:藤浦一都】

ヘッドコーチ、2軍監督と歴任した森脇浩司氏「投打、主力と若手が噛み合っての優勝だ」

■ソフトバンク 5-1 ロッテ(27日・PayPayドーム)

 ソフトバンクが27日、本拠地で2位ロッテを5-1で下し、17年以来3年ぶり19度目のリーグ優勝を飾った。ベテラン和田が6回無失点の好投で8勝目。7回以降は盤石のリリーフ陣がロッテの反撃を封じた。元オリックス監督で、97年から09年までダイエー、ソフトバンクでヘッドコーチや2軍監督などを務めた野球評論家の森脇浩司氏は「投打、そして主力と若手が噛み合っての優勝だ」と今季の戦いぶりを振り返った。

 チーム防御率はリーグトップの2.96。先発では東浜が8勝1敗、千賀が9勝6敗、和田が8勝1敗。さらに石川が9勝6敗、ムーアが6勝3敗。さらにリリーフ陣も守護神森が28セーブ、防御率2.31。モイネロが防御率1.72、37ホールド。高橋礼が防御率2.57、23ホールド。コロナ禍で例年以上に投手陣に負担のかかる過密日程となる中、先発とリリーフ陣が噛み合い、安定感は抜群だった。

「今年のホークスは活躍すべき人が活躍した。計算できる主力に加え、若手が台頭してくることで、プラスαが出てくるが、開幕投手を務めた東浜が終盤にきて安定感を増したことで、チームにも安心感を与えた。千賀も1年間ローテを守った。和田の存在は本当に大きく、若手の手本となるだけではなく、千賀と東浜の心身の負担を軽減した。彼らがいて、石川、笠谷、板東も貴重な勝ち星を拾っていけた。今年はどのチームもリリーフ陣が苦労するシーズンだったが、森、モイネロが1年を通して健在だった」

 一方、打線はリーグ2位のチーム打率.251。そして打率.348、28本塁打、82打点の柳田がチームを引っ張った。さらに、この日球団新記録となる10試合連続盗塁、月間20盗塁を記録した周東が46盗塁。捕手の栗原も野手として定位置をつかみ、勝負強い打撃でチームを支えた。選手会長の中村もいぶし銀の活躍を見せた。序盤はキューバから来日できなかったデスパイネ、グラシアルが不在の中、打線も層の厚さでカバーした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」