野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテがCSを死守するには? 専門家が指摘した「嫌らしい攻撃」と「新たな気持ち」

ロッテが27日、敵地でソフトバンクに1-5で敗れ、05年以来、15年ぶり6度目のリーグ優勝を逃した。直接対決で敗れ、目の前で優勝を決められたロッテ。だが、落ち込んでばかりもいられない。この日西武が勝ったことで、3位とのゲーム差は2に縮まった。そして残り11試合。元オリックス監督で、ソフトバンク、巨人、中日でもコーチを務めた野球評論家の森脇浩司氏は「戦術を駆使し、なりふり構わず攻めていくスタイルで、2位を是非掴んでほしい」と語った。

ロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】

元オリックス監督の森脇浩司氏「戦術を駆使し、なりふり構わず攻めていくスタイルで、2位を是非掴んでほしい」

■ソフトバンク 5-1 ロッテ(27日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ロッテが27日、敵地でソフトバンクに1-5で敗れ、05年以来、15年ぶり6度目のリーグ優勝を逃した。直接対決で敗れ、目の前で優勝を決められたロッテ。だが、落ち込んでばかりもいられない。この日西武が勝ったことで、3位とのゲーム差は2に縮まった。そして残り11試合。元オリックス監督で、ソフトバンク、巨人、中日でもコーチを務めた野球評論家の森脇浩司氏は「戦術を駆使し、なりふり構わず攻めていくスタイルで、2位を是非掴んでほしい」と語った。

 この日のロッテは先発石川がソフトバンク和田との白熱した投手戦を演じたが、6回3失点。打線も、安定したホークス投手陣から9回に1点を奪うのが精一杯だった。リーグ終盤、12連勝を飾ったソフトバンクに大きく差を離され、目の前で優勝を決められたロッテ。だが、クライマックスシリーズ出場権をかけた2位争いがまだ残っている。

 ロッテと2ゲーム差で3位につける西武、そして2位と3.5差の楽天との三つ巴の戦い。その中でロッテは首位ソフトバンクと5試合、西武と1試合、楽天と3試合を残している。では、これからどういった戦いが必要になってくるのか。森脇氏は「もう大事じゃない試合はない。可能性が残されているチームはどこも目の色を変えて総力戦の戦いになる」と、一戦必勝態勢で試合に臨む必要性を説いた。

「最もコンスタントに攻守で活躍してきたマーティンが抜けたことは痛いが、その中でどうやりくりしていくか。今、得点力が落ちている中で、如何に失点を少なく、1点をもぎ取っていくか。井口監督が最も得意とするところでもあり、ロッテにはそれを体現出来るメンバーが多いと見ている。しかし、受け身になっては監督の思いも体現出来ないし、豊かな才能も発揮出来ない」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」