野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人が2年連続38度目のV! 中日負け、阪神引き分けで10回表抑えた時点で異例の決定

巨人が30日のヤクルト戦(東京ドーム)に延長10回の末3-3で引き分け、2年連続セ・リーグ38度目、1リーグ時代を含めると47度目の優勝を決めた。今季、セ・リーグではCSは行われないため、11月21日からパのCSを戦うソフトバンクと2位チームの勝者と日本シリーズに臨む。

巨人・原辰徳監督【写真提供:読売巨人軍】
巨人・原辰徳監督【写真提供:読売巨人軍】

原監督は12~14年以来の連覇で通算9度目V

■巨人 3-3 ヤクルト(30日・東京ドーム)

【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 巨人が30日のヤクルト戦(東京ドーム)に延長10回の末3-3で引き分け、2年連続セ・リーグ38度目、1リーグ時代を含めると47度目の優勝を決めた。今季、セ・リーグではCSは行われないため、11月21日からパのCSを戦うソフトバンクと2位チームの勝者と日本シリーズに臨む。

 この日まで5連敗だった巨人。先発の今村が3回に廣岡に右翼席へソロを被弾し、先取点を許した。嫌な雰囲気が流れたが、その裏2死二塁から4番・岡本がヤクルト先発・歳内の内角球を最後は左手一本で芸術的にさばき、逆転2ラン。その後、両軍とも点を取り合い、3-3で試合は延長戦へ。マジック対象の中日が敗れ、阪神が引き分けたため、巨人が10回表を無失点に抑えたところで引き分け以上が決まり、優勝となった。

 今年は新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が3か月遅れ。公式戦史上初の無観客試合で、段階的に観客数増加させてきた。レギュラーシーズンは143試合から120試合に短縮。過密日程の中、セ・リーグはクライマックスシリーズはなし。特別なシーズンを優勝だけを目指し、戦ってきた。

 それでも巨人は安定したスタートダッシュを見せた。開幕9連戦を終え、6勝2敗1分。しかし、頼みの丸が一時は打率が1割台に低迷するなど、不振だった。打順も3番から2番、6番、5番と打順が移ったが、経験豊富な丸はしっかりと修正。最終的にはリーグトップの岡本に続く、26本塁打を放つまで状態を上げてきた。3番・坂本、4番・岡本の後にいる5番・丸は脅威の打線となり、打線を引っ張った。丸は広島在籍時の3連覇に続いて、巨人でも連覇。杉内俊哉(現巨人2軍投手コーチ、10~11年ソフトバンク、12~15年巨人でV)以来の“ひとり5連覇”を達成する喜びを味わった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」