野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ドラフト3球団競合左腕に18年タイトルホルダーも…戦力外通告を受けた“大物選手”は?

プロ野球の戦力外通告期間がスタートし、ここまで10球団が通告を行った。今季は新型コロナウイルス感染拡大による日程変更の影響で、日本シリーズ終了翌日までが通告期間となっている。

巨人・藤岡貴裕【写真:荒川祐史】
巨人・藤岡貴裕【写真:荒川祐史】

巨人藤岡は11年ドラフトで3球団競合、DeNA石川は生え抜き16年だった

 プロ野球の戦力外通告期間がスタートし、ここまで10球団が通告を行った。今季は新型コロナウイルス感染拡大による日程変更の影響で、日本シリーズ終了翌日までが通告期間となっている。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ここまで65人に戦力外通告が行われたが、そのリストの中にはファンに愛され、かつて球界を沸かせた選手たちが多くいる。まだ楽天、日本ハムからは発表されていないが、ここでは戦力外通告を受けたタイトルホルダーや生え抜き選手など“大物選手たち”を見ていきたい。

巨人・藤岡貴裕投手

 藤岡は東洋大で東海大の菅野(巨人)、明大の野村(広島)とともに「大学ビッグ3」と呼ばれた。11年のドラフトで3球団の競合の末、ロッテにドラフト1位で入団。開幕ローテーション入りを果たし、1年目は6勝を挙げた。将来のエース候補と期待されながらも伸び悩み、18年7月に日本ハムにトレード移籍。昨年6月には巨人へ移籍したが、19年は1軍登板がなかった。今季は12試合登板し0勝0敗、防御率3.12だった。通算成績は178試合登板で21勝32敗、防御率4.14。

阪神・伊藤隼太外野手

 伊藤は中京大中京高、慶大を経て11年ドラフト1巡目で入団。1年目から開幕スタメンを勝ち取り、同年9月にはプロ初本塁打となる満塁弾を放った。18年には自己最多96試合に出場したが、19年は1軍出場なかった。今年3月には藤浪、長坂とともに新型コロナウイルスに感染。今季の出場もなかった。通算成績は365試合で打率.240、10本塁打、59打点。

DeNA・石川雄洋内野手

 石川は04年ドラフト6巡目で横浜入り。10年には自己最多の153安打をマークし、球団名がDeNAとなった12年には初代キャプテンを務めた。昨年8月に通算1000本安打を達成。チームの日本人野手最年長だった今季は若手の台頭もあり1軍出場がなかった。通算成績は1169試合で打率.256、1003安打、23本塁打、224打点。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」