野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

4日間で12球団77選手が戦力外に… 非情通告を受けた11人の“元ドラフト1位”は?

プロ野球界では11月2日から各球団が来季の契約を結ばない選手にその旨を通告する、戦力外通告期間がスタートした。5日までの4日間で12球団が一度目の戦力外を発表し、支配下登録、育成選手合わせて計77選手に通告がなされた。

ロッテ・内竜也、阪神・岡崎太一、巨人・藤岡貴裕(左から)【写真:荒川祐史】
ロッテ・内竜也、阪神・岡崎太一、巨人・藤岡貴裕(左から)【写真:荒川祐史】

藤岡は3球団が競合してロッテ入りし、日ハム、巨人と渡り歩く

 プロ野球界では11月2日から各球団が来季の契約を結ばない選手にその旨を通告する、戦力外通告期間がスタートした。5日までの4日間で12球団が一度目の戦力外を発表し、支配下登録、育成選手合わせて計77選手に通告がなされた。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 所属球団から非情通告をなされた選手の中にはドラフト1位という大きな期待を背負って入団した選手も11人含まれる。所属球団で実績を残した末に非情通告を受けたもの、育成再契約の打診を受けたもの、目立った実績を残せなかったもの、そのキャリアは様々だ。

 このオフでここまで戦力外となった元ドラフト1位選手は以下の面々になる。

・藤岡貴裕(ロッテ→日ハム→巨人)
 2011年ドラフトの目玉として3球団が競合し、ロッテに入団。2018年にトレードで日ハムへ、2019年途中には再びトレードで巨人に移籍した。通算178試合に登板し21勝32敗0セーブ16ホールド、防御率4.14。

・岡崎太一(阪神)
 2004年の自由獲得枠で阪神に入団。5年目に14試合に出場するも、正捕手の座は掴めなかった。通算119試合に出場して146打数27安打2本塁打11打点、打率.185。

・伊藤隼太(阪神)
 2011年のドラフトで阪神へ入団。即戦力外野手として期待されてプロ入りしたが、レギュラーの座は掴めず、キャリアハイは2018年の96試合出場だった。通算365試合出場で642打数154安打10本塁打59打点、打率.240。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」