4日間で12球団77選手が戦力外に… 非情通告を受けた11人の“元ドラフト1位”は?

40歳となった細川は今季は1軍出場なし

・山下斐紹(ソフトバンク→楽天)
 2010年のドラフトでソフトバンクへ。将来の正捕手候補として期待されたが、2016年の13試合がソフトバンクでの最多出場。同期入団で育成選手だった甲斐が正捕手になり、2017年オフにトレードで楽天へ移籍した。楽天では1年目に43試合に出場したが、昨季は31試合、そして今季は8試合に終わった。通算119試合211打数42安打5本塁打15打点、打率.199。

・細川亨(西武→ソフトバンク→楽天→ロッテ)
 2001年の自由獲得枠で西武へ入団。2年目から正捕手となると、2010年オフにFAでソフトバンクへと移籍した。2016年オフに構想外となると、2017年から楽天、2019年からはロッテでプレーした。40歳で迎えた今季は1軍出場なし。通算1427試合3353打数680安打84本塁打367打点、打率.203。

・白崎浩之(DeNA→オリックス)
 2012年のドラフトでDeNAへ。1年目から47試合に出場すると、2年目にはキャリアハイの101試合に出場。2018年途中にトレードでオリックスへ移籍するも、レギュラーの座は掴めず、今季はプロ入り後最少の3試合出場にとどまっていた。通算413試合838打数184安打16本塁打52打点、打率.220。

 また、この11選手の他、巨人の2019年ドラフト1位・堀田賢慎投手、2017年のドラフト1位の鍬原拓也投手が自由契約に。堀田は4月にトミー・ジョン手術を受け、鍬原も右肘の肘頭骨折で手術を受けて共にリハビリ中。育成契約を打診しての自由契約となっている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY