野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

防御率は僅差、中継ぎ&出塁率は同僚での争い…セ個人タイトルの最終局面は?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で120試合に短縮された今季も残り数試合。セ・リーグは巨人が連覇、パ・リーグはソフトバンクが3年ぶりの優勝を飾った中、個人タイトル争いも佳境に入っている。すでに当確ランプが灯った部門がある一方で、最後の最後までもつれそうな部門も。今回はセ・リーグの現状を見てみる。

巨人・菅野智之【写真提供:読売巨人軍】
巨人・菅野智之【写真提供:読売巨人軍】

巨人・菅野は最多勝と最高勝率の2冠が確定的に

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で120試合に短縮された今季も残り数試合。セ・リーグは巨人が連覇、パ・リーグはソフトバンクが3年ぶりの優勝を飾った中、個人タイトル争いも佳境に入っている。すでに当確ランプが灯った部門がある一方で、最後の最後までもつれそうな部門も。今回はセ・リーグの現状を見てみる。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

○最多勝
 開幕から13連勝を挙げた巨人の菅野智之がここまで14勝で3年ぶり3度目のタイトル獲得が決まった。中日・大野雄大、阪神・西勇輝が11勝で2位タイにつけるが、残り試合数での逆転は不可能に。調整の難しい異例のシーズンも、各球団のエースが争う結果となった。

○最高勝率
 ここまで19試合で14勝2敗の菅野が勝率.875で堂々のトップ。広島のルーキー森下暢仁が18試合で10勝3敗で.769と健闘したが及ばなかった。3位は西勇の.688、4位は大野雄の.647となっている。

○最優秀防御率
 大野雄が防御率1.82でリーグトップ。2位に森下が1.91で続く。僅差の争いで、仮に次回の登板で森下が6回1/3を自責点0に抑えれば、逆転する。大野雄も日程的にはあと1試合の登板が可能で、最後の最後まで小数点以下の争いは続きそうだ。

○最多セーブ
 阪神のロベルト・スアレスが25セーブを挙げ、初のタイトルを決定させている。21セーブで2位につけていた中日のライデル・マルティネスは10月21日に出場選手登録を抹消され、及ばなかった。2年連続最多セーブだったDeNA山崎康晃は6セーブにとどまっている。

○最優秀中継ぎ
 中日の勝利の方程式を担った祖父江大輔と福敬登がそれぞれ30ホールドポイントでトップタイ。ヤクルトの清水昇が29ホールドポイントで続く。中日は残り1試合、ヤクルトは残り2試合となる中、最後まで熾烈な争いになりそうだ。

○最多奪三振
 大野雄が148奪三振をマークしてタイトルを確実に。2位の菅野は126奪三振で、24個差ついている。3位は森下で124奪三振、4位は西勇の115奪三振となっている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」