野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

CS制するのは“PayPayドーム男”? 鷹はタイトル獲得者、ロッテはベテランが好相性

いよいよ14日から「2020 パーソル クライマックスシリーズ パ」が開幕する。今年はソフトバンクとロッテが日本シリーズ進出を懸けてぶつかり合う。決戦の場はPayPayドーム。今季両チームの対戦成績は、24試合で12勝11敗1分と僅差でロッテが勝ち越しており、ソフトバンクが唯一負け越している相手でもある。対戦成績を基に、両軍のキーマンを紹介したい。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

鷹は「最多安打」の柳田が本拠地にもロッテ美馬にも強い

■ソフトバンク – ロッテ(CS・14日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 いよいよ14日から「2020 パーソル クライマックスシリーズ パ」が開幕する。今年はソフトバンクとロッテが日本シリーズ進出を懸けてぶつかり合う。決戦の場はPayPayドーム。今季両チームの対戦成績は、24試合で12勝11敗1分と僅差でロッテが勝ち越しており、ソフトバンクが唯一負け越している相手でもある。対戦成績を基に、両軍のキーマンを紹介したい。

 2位・ロッテと14ゲーム差をつける圧倒的な強さで3年ぶりのリーグ優勝を果たしたソフトバンク。9月は6試合で1勝5敗とロッテの攻略に苦戦したが、10月は6試合で5勝1敗と巻き返しを見せた。5選手で7部門の個人タイトルを手にした強者ぞろいのソフトバンクは、どのような試合展開をみせるか。

 好調なカモメ投手陣を打ち崩す上で注目したいのは、「最多安打」のタイトルを獲得した柳田悠岐外野手。PayPayドームでは59試合で208打数79安打17本塁打、打率.380と本拠地で特に快音を響かせている。また、ロッテ戦では打率.299、4本塁打を記録、なかでも「鷹キラー」と名高い美馬学投手には22打数8安打、打率.364と打ち込んでいるため、キーマンと言えるだろう。

「最優秀中継ぎ」に輝いたリバン・モイネロ投手は、ロッテに対して9試合で3安打無失点、防御率0.00と、本塁を踏ませない力強い投球でチームの勝利を引き寄せた。塁上に走者がいる際の被打率は0.00と、ピンチにも強いことがうかがえる。8回表をモイネロが無失点でつなぎ、最終回を森唯斗投手が締める「勝利の方程式」を短期決戦でも披露できるか。

 第1戦の先発を任された千賀滉大投手の対ロッテ今季成績は3試合で2勝1敗、防御率2.42。PayPayドームでの登板は7試合で5勝2敗、防御率1.93と、本拠地での好投が目立つ。8月18日のロッテとの今季初対戦では、6回1/3を6失点と乱調だったが、以降の2試合はどちらも8回無失点と本領発揮。「最優秀防御率」「最多勝」「最多奪三振」の投手3冠を手にした千賀投手は、渾身の投球でカモメ打線を翻ろうできるか。

 和田毅投手はロッテに対して3試合で2勝0敗、17回1/3を8安打21奪三振1失点、防御率0.52と完璧に抑え込んでいる。中でも、左打者に対しては30打数で2安打14奪三振、被打率.067と好相性を見せている。「松坂世代」の同学年の選手たちが次々と引退していく中、存在感が増しているベテラン左腕の投球にも注目だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」