野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日残留決断した大野雄の年俸3億円は安い? 球団過去10年で“大台突破”は3人

今オフの去就に注目が集まっていた中日・大野雄大投手が、国内FA権を行使せず早々と残留を宣言した。関係者によると、推定で年俸3億円ほどの複数年契約に。チームを8年ぶりのAクラスに押し上げた立役者の引き止めに成功した形だが、沢村賞の有力候補にも上がる左腕への評価は妥当なのか――。球団での過去の契約と比較してみる。

中日・大野雄大【写真:荒川祐史】
中日・大野雄大【写真:荒川祐史】

国内FA権取得の今季10完投&2冠…沢村賞の有力候補に

 今オフの去就に注目が集まっていた中日・大野雄大投手が、国内FA権を行使せず早々と残留を宣言した。関係者によると、推定で年俸3億円ほどの複数年契約に。チームを8年ぶりのAクラスに押し上げた立役者の引き止めに成功した形だが、沢村賞の有力候補にも上がる左腕への評価は妥当なのか――。球団での過去の契約と比較してみる。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 中日戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 プロ10年目を迎えた大野雄は開幕直後こそ白星に恵まれなかったものの、7月下旬から2完封を含む怒涛の5試合連続完投勝利を挙げた。終わってみれば、20試合登板で6完封を含む10完投で11勝6敗。防御率1.82で2年連続の最優秀防御率のタイトルを確定させ、最多奪三振との2冠を手に入れる。

 圧倒的な成績で、先発投手にとって最高の栄誉である沢村賞の有力候補に。プロ野球記録を塗り替える開幕13連勝を記録し、14勝2敗でリーグ連覇に貢献した巨人の菅野智之と一騎討ちとの声もある一方、完投数などを重視する傾向のある同賞では大野雄が有利との見方もある。

 そんな球界屈指の左腕に対して球団が最大限の評価はするのは当然。現状では、チームの日本人最高額となりそうだ。ただ、他球団に目をやると、今年時点で4億円を超える日本人選手は9人いる。球団ごとの事情に大きく左右されるため単純比較はできないが、では中日の過去のケースはどうだったのか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」