野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日本シリーズは2年連続で同カードも… 巨人とソフトバンクの40人枠どう変化?

日本野球機構(NPB)は19日、21日から巨人とソフトバンクの顔合わせで行われる「SMBC日本シリーズ2020」の出場有資格名簿40人枠を公示した。日本シリーズはこの40人枠の中から、毎試合ベンチ入りする26人を決めることができるが、40人枠に入らなかった選手はシリーズには一切出場はできない。

巨人・田中豊樹【写真:荒川祐史】
巨人・田中豊樹【写真:荒川祐史】

巨人では去年から野上や鍬原が外れ、田中豊や横川らメンバー入り

 日本野球機構(NPB)は19日、21日から巨人とソフトバンクの顔合わせで行われる「SMBC日本シリーズ2020」の出場有資格名簿40人枠を公示した。日本シリーズはこの40人枠の中から、毎試合ベンチ入りする26人を決めることができるが、40人枠に入らなかった選手はシリーズには一切出場はできない。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 今季の日本シリーズは巨人とソフトバンクと、昨年と同じ顔合わせで行われる。2年連続で日本シリーズが同じチーム同士で行われるのは2006年、2007年に中日と日本ハムが対戦して以来となる。ただ、1年前とはそれぞれまた異なるチームとなっている。

 そこでここでは昨季と今季で、出場資格者40人の顔触れにどんな変化があるのか、両球団を見ていきたい。

 昨季の雪辱を期す巨人は山口俊や澤村拓一、マシソン、ヤングマンらはチームから去り、阿部慎之助は引退して2軍監督となった。現役選手で見ると、投手では昨季は40人枠にいた野上亮磨、鍬原拓也、CC・メルセデス、高木京介らがメンバーから外れた。野手では小林誠司、山本泰寛、山下航汰らが枠から漏れた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」