野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

連敗スタートの巨人が巻き返すためのキーマンは? 流れを変えるベテラン捕手の存在

巨人は22日に京セラドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第2戦で、ソフトバンクに2-13の大敗を喫し0勝2敗。0勝4敗で一蹴された昨年のトラウマがよみがえる展開だが、原巨人が逆襲に転じる糸口はあるのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で21年間も捕手として活躍した野口寿浩氏が提言した。

巨人・炭谷銀仁朗【写真:荒川祐史】
巨人・炭谷銀仁朗【写真:荒川祐史】

捕手を炭谷、1番を増田大に代えるのも“あり”

■ソフトバンク 13-2 巨人(日本シリーズ・22日・京セラドーム)

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 巨人は22日に京セラドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第2戦で、ソフトバンクに2-13の大敗を喫し0勝2敗。0勝4敗で一蹴された昨年のトラウマがよみがえる展開だが、原巨人が逆襲に転じる糸口はあるのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で21年間も捕手として活躍した野口寿浩氏が提言した。

 巨人は21日の第1戦で2回に栗原に先制2ランを浴び、この日の第2戦では先発・今村が1回にいきなり3点を失った。立ち上がりに失点して意気消沈する展開が続いた。

 もっとも、第3戦からは舞台を敵地PayPayドームに移し、攻撃は後攻から先攻に変わる。野口氏は「ソフトバンクに先に点を取られると、横綱相撲を取られ、崩すのが難しくなる。第3戦の1回表に、巨人が複数得点を取れれば、シリーズ全体の流れが変わる可能性がありますよ」と言う。

 相手の先発は第3戦が来日1年目の左腕ムーア、第4戦は同じ左腕の和田と予想される。「シーズンを見る限り、ムーアはいいボールは持っているけれど好不調の波が激しい。和田とは過去に交流戦などで何度も対戦している。少なくとも千賀、石川に比べれば、巨人にとって組しやすい相手です」と野口氏は指摘する。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」