野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA梶谷&井納が国内FA権行使を正式表明 球団慰留も「他球団の話を聞きたい」

DeNAの梶谷隆幸外野手、井納翔一投手は27日、今季取得した国内フリーエージェント権を行使することを表明した。横浜市内の球団事務所を訪れ、FA権行使の申請書類を提出。今季チームを牽引した投打の主力2選手が12球団で先陣を切って正式表明した。

 DeNA・梶谷隆幸(左)と井納翔一【写真:荒川祐史】
DeNA・梶谷隆幸(左)と井納翔一【写真:荒川祐史】

梶谷はリーグ2位の打率.323をマーク「他球団の評価もやっぱり聞きたい」

 DeNAの梶谷隆幸外野手、井納翔一投手は27日、今季取得した国内フリーエージェント権を行使することを表明した。横浜市内の球団事務所を訪れ、FA権行使の申請書類を提出。今季チームを牽引した投打の主力2選手が12球団で先陣を切って正式表明した。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 梶谷はプロ14年目の今季は主に1番として打線を引っ張った。109試合に出場し、リーグ2位の打率.323、19本塁打、53打点をマーク。規定打席に到達したシーズンではキャリアハイのハイアベレージだった。権利行使について、梶谷は「宣言残留を球団が認めてくださっているので、その中で他球団の評価もやっぱり聞きたいなということで、宣言しました」と理由を明かした。

 島根・開星高から06年高校生ドラフト3巡目で横浜入り。14年に39盗塁を決めて盗塁王を獲得。ここまで通算840安打、119本塁打、149盗塁を記録する左の強打者となった。「もちろん14年間育ててもらって、お世話になりました。そういう部分の恩情もあります。自分が悔いのない決断をしたいことかなと思いますね。(去就の決断ポイントは)自分の中でより成長できるというか、悔いのない決断というか……。そういうことのみかなと思っています」と悩める胸中を口にした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」