野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「悪い中でもしっかり投げられるように」西武宮川が得たプロ1年目の手応えと課題

ソフトバンクの4年連続日本一で幕を閉じた20年シーズン。西武は3位に終わったが、1軍で活躍を見せたルーキーもいた。19年のドラフトで入団した選手を紹介しているが、6回目は宮川哲投手だ。

西武・宮川哲【写真:荒川祐史】
西武・宮川哲【写真:荒川祐史】

ドラフト1位投手は今季49試合登板して2勝1敗13ホールド、防御率3.83「大事な場面で投げさせてもらった」

 ソフトバンクの4年連続日本一で幕を閉じた20年シーズン。西武は3位に終わったが、1軍で活躍を見せたルーキーもいた。19年のドラフトで入団した選手を紹介しているが、6回目は宮川哲投手だ。

【動画】メジャーも注目? パを代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

 奈良県出身だが、より多くの出場機会を求めて東海大山形高に進学し、外野手と投手を兼任していた。3年夏の山形県大会には投手として出場したが、甲子園の舞台に立つことはできなかった。進学した上武大では、4年時に通算9勝を挙げて最多勝を獲得したが、指名漏れを経験。その後は社会人の東芝へ進み、投球フォームの修正に取り組むなどして課題だった制球力を向上させ、西武からドラフト1位指名を勝ち取った。

 即戦力として期待されたが、2月のキャンプ中に右太ももの張りで離脱。しかし、新型コロナウイルスの影響で開幕が6月に遅れたことで、シーズンスタートに間に合った。

「キャンプの時、周りを見たらみんなすごくて、もっとやらなきゃと焦ってしまいました。怪我をしてからは、休むときは休むように心がけています。自粛期間中は、キャッチボールや遠投をやっていました。怪我をしていたので、自分にとっていい時間にしようと思っていました」

 ルーキーイヤーは中継ぎとして49試合に登板し、2勝1敗13ホールド、防御率3.83の成績を残した。これまで経験したことがない連投が続いたが、シーズン終盤には疲れることに慣れてきたという。

「投げる場所にこだわりは全くないです。言われたところでしっかり抑えるだけです。連投は最初はしんどかったですが、疲れて、持ち直しての繰り返しで、その疲れに身体が慣れてきたという感じです」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」