野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

MLB通算282発男の本領は来季? 意地見せたモヤ 12球団助っ人診断【オリックス編】

ソフトバンクの4年連続日本一で幕を閉じた2020年のプロ野球。シーズンオフに入り、各球団は本格的に来季の戦力編成に着手している。すでに来季の新助っ人が決まった球団もあり、今後は続々と発表されていくことだろう。

オリックスのアダム・ジョーンズ【写真:荒川祐史】
オリックスのアダム・ジョーンズ【写真:荒川祐史】

ヒギンスは41試合に登板し19ホールド、防御率2.40と合格点

 ソフトバンクの4年連続日本一で幕を閉じた2020年のプロ野球。シーズンオフに入り、各球団は本格的に来季の戦力編成に着手している。すでに来季の新助っ人が決まった球団もあり、今後は続々と発表されていくことだろう。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 では、12球団の助っ人外国人は今季、どれほどの活躍を見せたのだろうか? 各球団の助っ人たちの成績を検証し、その働きを診断していってみよう。今回はパ・リーグ最下位に終わったオリックスだ。

○投手
ブランドン・ディクソン(150万ドル 約1億6400万円)
39試合0勝4敗16セーブ5ホールド 防3.28

アンドリュー・アルバース(220万ドル 約2億4000万円)
16試合4勝8敗0セーブ0ホールド 防3.94

タイラー・ヒギンス(7000万円)
41試合3勝3敗0セーブ19ホールド 防2.40

 オリックスは今季3人の外国人投手を抱えた。来日8年目のディクソン、来日3年目のアルバース、そして新助っ人のヒギンス。守護神として期待されたディクソンだが開幕直後の6月は4試合で防御率7.71と不安定な投球が続き中盤で持ち直したがシーズンを通し圧倒的な投球を見せることはできなかった。

 アルバースは今季も先発の一角として期待され開幕ローテ入りを果たしたが勝ち星に恵まれず4勝8敗。1年目の2018年に9勝を挙げ同年に2年契約を結んだがその期待に応えることはできなかった。新助っ人のヒギンスは開幕こそ2軍スタートだったが150キロを超える直球を武器にセットアッパーに定着。10月は防御率5.14と崩れる場面もあった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」