野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

なぜ「ドラ1」でもわずか3年で戦力外に? 経験者が振り返る“つまずきと悪循環”

新型コロナウイルス感染拡大による異例の2020年シーズンを終え、各球団では来季に向けた戦力整理や補強が進む。今オフも多くの選手の入れ替えがある中、わずか3年で戦力外を告げられるケースも少なくない。中には、ドラフト1位で指名を受けた選手も。なぜ、栄光の「ドラ1」でも短期間で非常通告を受けることになるのか――。

楽天から戦力外となった近藤弘樹(左)とソフトバンクから戦力外となった吉住晴斗【写真:荒川祐史、福谷佑介】
楽天から戦力外となった近藤弘樹(左)とソフトバンクから戦力外となった吉住晴斗【写真:荒川祐史、福谷佑介】

今オフは2017年ドラ1の3投手が戦力外&自由契約に

 新型コロナウイルス感染拡大による異例の2020年シーズンを終え、各球団では来季に向けた戦力整理や補強が進む。今オフも多くの選手の入れ替えがある中、わずか3年で戦力外を告げられるケースも少なくない。中には、ドラフト1位で指名を受けた選手も。なぜ、栄光の「ドラ1」でも短期間で非常通告を受けることになるのか――。

【写真】オリックス吉田正の妻は「ばり美人」 新妻ゆり香さん、湘南乃風・若旦那さんとのスリーショット画像

 今オフも、2017年のドラフトで1位指名を受けた3投手が岐路に立たされた。楽天の近藤弘樹投手はこの3年間で通算17試合にとどまり、0勝4敗、防御率7.00。未勝利のまま戦力外通告を受けた。ソフトバンクの吉住晴斗投手は、最速151キロを誇る将来性豊かな投手として期待されたが、3年目の今季は2軍戦での登板もなかった。さらに巨人の鍬原拓也投手も故障のため自由契約となり、育成選手として再契約する見込みだ。

 過去にも3年以内で戦力外となったドラ1は少なからずいる。直近では、2017年限りで中日から戦力外通告を受けた野村亮介氏も、そのひとり。静清高から三菱日立パワーシステムズ横浜(現・三菱パワー)をへて入団。150キロに迫る直球と落差のあるフォークを武器にエースナンバー「20」を背負ったが、プロ1年目は中継ぎでの3試合登板で防御率10.13。2年目以降は1軍登板すらなく現役生活に別れを告げ、2018年からチームで打撃投手を務める。

 野村氏がプロでのきっかけを掴めなかったひとつには故障の“悪循環”がある。ルーキーイヤーから右肩痛でつまずくと、心機一転で挑んだ2年目も1月に右肩を痛めて出遅れた。リハビリをへて調子が上向いてきた頃、今度は夏場に右足内転筋の違和感でペースダウンした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」