野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ベテランの引退は「周りに気を遣わせたらダメ」 プロ21年の森野氏が説く“引き際”

どんな選手にも、現役に別れを告げる瞬間はやってくる。その多くが球団から戦力外を通告される一方、まばゆい実績を残した功労者は、自ら引退を決断することも多い。ただ、その“特権”こそが、判断を迷わすという。中日で21年間プレーし、2017年限りで引退した森野将彦氏も、自ら決断したひとり。自身は今年からプロ野球解説者となり、10月には初の著書「使いこなされる力。名将たちが頼りにした、“使い勝手”の真髄とは。」(講談社)を出版。プロ野球を外から見るようになり、あらためて引き際の難しさを感じている。

中日で活躍した森野将彦氏【写真:若林聖人】
中日で活躍した森野将彦氏【写真:若林聖人】

故障から復帰直後に同じ箇所を痛め「もう終わりだなって」

 どんな選手にも、現役に別れを告げる瞬間はやってくる。その多くが球団から戦力外を通告される一方、まばゆい実績を残した功労者は、自ら引退を決断することも多い。ただ、その“特権”こそが、判断を迷わすという。中日で21年間プレーし、2017年限りで引退した森野将彦氏も、自ら決断したひとり。自身は今年からプロ野球解説者となり、10月には初の著書「使いこなされる力。名将たちが頼りにした、“使い勝手”の真髄とは。」(講談社)を出版。プロ野球を外から見るようになり、あらためて引き際の難しさを感じている。

【画像】「禰豆子より可愛い」 話題呼んだ中日ドアラの“ドずこ”コスプレの爆笑写真

 筋肉が断裂した瞬間に、気持ちの糸も切れた。2017年8月、2軍戦に出場していた森野氏が、打席から一塁へ走り出した瞬間だった。7月の1軍戦で右太もも裏に肉離れを起こし、リハビリをへて復帰したばかり。再び同じ箇所を痛め、心は固まった。

「またやりましたわ……」

 ベンチに戻り、当時2軍監督だった小笠原道大氏にそう告げた。「怒りなのか、悲しみなのか分からない感情が込み上げてきてね。もう終わりだなって。何が無理って、プレーすることより、またリハビリをするのが気持ち的に無理だった」。当時39歳。不惑を前に、21年間の現役生活に終止符を打った。

 腹を決めたのは8月だったが、実際に球団から引退が発表されたのは9月21日。「若手たちも見ているから、しっかりリハビリに取り組む姿は見せないと。最後までやり切らないといけない」。当時1軍監督だった森繁和氏から直接電話があったのが9月初めごろ。「来年どうするんだ?」の問いかけに「もうやめます」と即答した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」