野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

飛躍を遂げた西武の若きリリーバー 平良海馬と森脇亮介が明かすブレークの要因は?

前年王者の西武にとって今季は厳しいシーズンだった。圧倒的な打力を誇った打線が軒並み不振に陥り、打率はリーグワースト2位の.238に。貯金がつくれず、下位に沈む期間も長かった。しかし、その中でチームを支え、3位浮上に大きな役割を果たしたのが救援陣だ。今季大きな飛躍を遂げた森脇亮介投手、平良海馬投手が1年を振り返った。

西武・森脇亮介(左)と平良海馬【写真:荒川祐史】
西武・森脇亮介(左)と平良海馬【写真:荒川祐史】

森脇亮介「プロに入って自分が勝手に小さくなっていた」

 前年王者の西武にとって今季は厳しいシーズンだった。圧倒的な打力を誇った打線が軒並み不振に陥り、打率はリーグワースト2位の.238に。貯金がつくれず、下位に沈む期間も長かった。しかし、その中でチームを支え、3位浮上に大きな役割を果たしたのが救援陣だ。今季大きな飛躍を遂げた森脇亮介投手、平良海馬投手が1年を振り返った。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 47試合に登板、防御率1.35と好成績を残し、シーズン後半には勝ちパターンの一角を任された森脇。今季を「チームとしてはクライマックスシリーズにぎりぎり行けなかったので、悔しいシーズンでした。個人的には良い時も悪い時もあったのですが、ある程度充実したシーズンだったと思います」と振り返った。

 昨年から29試合で23四死球だったが、今季は47試合で21四死球と制球面も改善。ルーキーイヤーからの変化をこう語る。

「真っすぐで勝負できたのが良かったです。昨年はコースに決めきらないと打たれるというイメージがあり、ボール先行になって打たれたりという印象でした。今年はコースに決めきれても野手の間を抜かれたらヒット、ど真ん中でも野手が見逃せばストライクと、一種の割り切りが考え方として大きく変わった部分です。

 アマチュア時代から基本的には同じ考え方でしたが、プロに入って自分が勝手に小さくなっていたというか。身構えていたという方が正しいかなと思います。(今季は)キャンプのときから西口コーチや豊田コーチにフォームだったりいろいろとアドバイスをもらったりして、段々自分の持っているものが出せてきたと感じています」

 10月2日には延長戦の最終回に登板し、プロ初セーブを挙げた。「その時はいつも通りと思って投げたのですが、気持ちの面では全然違いましたね」と振り返り、「(勝ち負けに)直結しますし、増田(達至)さんはすごいなと思いました。1点差、2点差で登板して、1点2点、3点取られたらそこで試合が終わってしまうというのは…難しいですね」とクローザーの重圧を感じたようだった。

 来季については「今年と同じようにやって同じ結果が出るとは思わないので、また一から体や技術をつくって、優勝、日本一に貢献できるように、1試合でも多く投げられればいいかなと思います。真っ直ぐの精度と質を高めていくのと同時に、全部の球種でカウント球にできたり、勝負球にできたりというのを目標にやっていきたいです」と語った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」