野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

どうなる梶谷&井納の“FAコンビ”の起用法? 巨人・原監督が明かした来季構想

国内フリーエージェント(FA)権を行使し、DeNAから巨人に移籍する梶谷隆幸外野手と井納翔一投手が14日、東京ドーム内で入団会見を行った。梶谷は4年契約総額8億円、井納は2年契約で総額2億円で合意(金額は推定)。同席した原辰徳監督は「2人の役割は当然、即戦力。巨人に足りない、彼らの力を必要としたという部分で入団して頂いた」と期待を寄せた。会見では2人の起用法についても言及した。

巨人の入団会見に臨んだ井納翔一(左)と梶谷隆幸【写真・編集部】
巨人の入団会見に臨んだ井納翔一(左)と梶谷隆幸【写真・編集部】

2021年オーダーの一部を“披露”、梶谷、坂本の“同級生”1・2番実現へ

 国内フリーエージェント(FA)権を行使し、DeNAから巨人に移籍する梶谷隆幸外野手と井納翔一投手が14日、東京ドーム内で入団会見を行った。梶谷は4年契約総額8億円、井納は2年契約で総額2億円で合意(金額は推定)。同席した原辰徳監督は「2人の役割は当然、即戦力。巨人に足りない、彼らの力を必要としたという部分で入団して頂いた」と期待を寄せた。会見では2人の起用法についても言及した。

【一覧】この中からDeNAへ…!? 巨人プロテクト漏れ選手 独自予想一覧

 今季の梶谷は1番打者としてチームを牽引し、打率は.323とリーグ2位。19本塁打、53打点をマークした。今年の巨人は1番打者として期待された吉川尚輝内野手はシーズンを通じてはその席を守ることはできなかったため、梶谷にはその役割を担うことになりそうだ。

 指揮官は「巨人は1番、5番……非常にここ数年、苦労をしています。十分、1番、3番、5番を任せられる選手が入ってきた」と梶谷の万能性に期待を寄せる。続けて「私の理想は1番・梶谷、2番・坂本、3番・丸、4番・岡本。ここまでは強いパーツが1人加わったという意味では、心強く思ってます」と来季のオーダーを描いて見せた。

 左、右、左、右と並べば、相手先発の左右にかかわらず、不動のオーダーを組むことができる。5番以降は亀井、大城の左打者、中島、ウィーラーら右打者の中軸を据えることで色々なバリエーションが組める。下位に吉川、松原といった日本シリーズで1・2番を任された若い機動力のある選手をおけば、作戦も立てやすく、繋がりも生まれてくる。2021年の理想オーダーの一部が見えてきた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」