野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • プロ野球
  • 人的補償選手は新天地で活躍? 19年オフ移籍の2投手は奮闘、今季限りで引退も

人的補償選手は新天地で活躍? 19年オフ移籍の2投手は奮闘、今季限りで引退も

DeNAから国内フリーエージェント権を行使して巨人に移籍した梶谷隆幸外野手。年俸順位がBランク(4~10位)とみられ、DeNAは巨人に対して金銭補償(年俸の60%)か、人的補償+金銭補償(年俸の40%)を要求できることになる。FA移籍の影響を受ける形となる人的補償の選手だが、新天地で活躍したケースも少なくない。主な選手の今季を振り返る。

ロッテ・小野郁(左)と楽天・酒居知史【写真:荒川祐史】
ロッテ・小野郁(左)と楽天・酒居知史【写真:荒川祐史】

梶谷の巨人移籍でDeNAは金銭補償か人的補償+金銭補償を要求できる

 DeNAから国内フリーエージェント権を行使して巨人に移籍した梶谷隆幸外野手。年俸順位がBランク(4~10位)とみられ、DeNAは巨人に対して金銭補償(年俸の60%)か、人的補償+金銭補償(年俸の40%)を要求できることになる。FA移籍の影響を受ける形となる人的補償の選手だが、新天地で活躍したケースも少なくない。主な選手の今季を振り返る。

○酒居知史(楽天)
 2019年オフに美馬学のロッテ移籍に伴って加入。初めて楽天に人的補償で移籍した選手となった。今季は中継ぎとして43試合に登板して3勝2敗12ホールド、防御率3.65をマーク。2019年にキャリアハイの54試合に登板した右腕は、新天地でもブルペンを支えた。

○小野郁(ロッテ)
 2019年オフに鈴木大地が楽天に移籍した人的補償として加入。プロ6年目の今季は、自己最多の40試合に登板。2勝2敗4ホールド、防御率3.23をマークし、チームのクライマックスシリーズ進出に貢献した。

○尾仲祐哉(阪神)
 2016年ドラフト6位で広島経済大からDeNAに入団。2017年に11試合に登板したが、その年のオフに大和の人的補償で阪神へ。ルーキーイヤーのオフに移籍となった。昨季は5試合登板にとどまり、今季も4試合登板で0勝0敗、防御率6.23だった。

○金田和之(オリックス)
 2012年ドラフト5位で大阪学院大から阪神入団。阪神では3シーズンで通算56試合登板、7勝1敗、防御率4.27の成績を残した。2016年オフに糸井嘉男の人的補償としてオリックスに移籍。移籍1年目の2017年には45試合に登板して4勝1敗、防御率4.15と中継ぎとして活躍した。しかし昨季、今季といずれも6試合登板にとどまった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」