野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹柳田は「数字以上に派手で劇的」 元オリ監督がMVPに選出、凄み感じた7月の一打

ソフトバンクが4年連続の日本一に立った2020年。17日には「NPB AWARDS」が開催され、ベストナインなどシーズンを彩った“顔ぶれ”が決まる。中でも、今季の象徴となるのがMVP。記者投票でセパ1人ずつ選出されるが、専門家が選ぶと誰になるのか――。ダイエーやソフトバンク、巨人、中日でコーチを務め、オリックスでは監督を務め、来季からロッテの1軍野手総合兼内野守備コーチを担う森脇浩司氏にパ・リーグMVPを独自に選出してもらった。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:荒川祐史】

森脇浩司氏が今季のMVPを独自選出「インパクトが強かった」

 ソフトバンクが4年連続の日本一に立った2020年。17日には「NPB AWARDS」が開催され、ベストナインなどシーズンを彩った“顔ぶれ”が決まる。中でも、今季の象徴となるのがMVP。記者投票でセパ1人ずつ選出されるが、専門家が選ぶと誰になるのか――。ダイエーやソフトバンク、巨人、中日でコーチを務め、オリックスでは監督を務め、来季からロッテの1軍野手総合兼内野守備コーチを担う森脇浩司氏にパ・リーグMVPを独自に選出してもらった。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 昨季は西武の森友哉捕手が受賞。自らは首位打者とベストナインに輝き、チームの連覇に貢献した。今季のペナントレースは、ソフトバンクが圧倒的な強さを見せて3年ぶりの優勝。その一番の原動力として森脇氏が挙げたのは、柳田悠岐外野手だった。「年間通しての活躍となると、投手ではモイネロ、野手では柳田になるのかなと思う」とうなずく。

 柳田は昨季、シーズン序盤に左足の故障で長期離脱。わずか38試合の出場にとどまった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で120試合に短縮された今季。過密日程を強いられる中で、1試合に欠場したのみで119試合に出場した。リーグ2位の打率.342、ともにリーグ3位の29本塁打、86打点をマークし、146安打で最多安打のタイトルを獲得した。

「今年はハードなシーズンだったが、好守においてコンスタントに活躍したのは、ものすごく大きい。特筆すべきはリーグトップの得点圏打率.369で、センターでの守りも非常に心強かった」

 森脇氏は、数字と数字以外の両面での貢献を強調する。天井直撃の特大弾を放ったり、片膝をついて体勢を崩されながらもフェンス直撃の当たりにしたりと、相変わらずの規格外で「数字以上に劇的であり、相手に与えるインパクトが強かった」。その一方で、流れを決める分岐点となるような一打を放った印象も強烈に残っているという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」