野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

YouTube登録者12倍増生んだ中日ドアラの“発想” 主流と逆行「あえてチープに」

中日のマスコット「ドアラ」が21日、契約更改後にオンライン会見を開き、今季の年俸である「食パン612グラム」からの現状維持でサインしたことを明らかにした。今季はYouTuberデビューを果たし、ヒット企画を連発して球団公式チャンネルの登録者数の約12倍増に大貢献。野球の垣根を超えた“愛され”の裏には、現在のYouTube動画の主流とは一線を画した逆転の発想があるという。

オンライン会見に臨んだ中日のマスコット・ドアラ【写真提供:中日ドラゴンズ】
オンライン会見に臨んだ中日のマスコット・ドアラ【写真提供:中日ドラゴンズ】

契約更改では現状維持でサイン「YouTubeの登録者数増やす」

 中日のマスコット「ドアラ」が21日、契約更改後にオンライン会見を開き、今季の年俸である「食パン612グラム」からの現状維持でサインしたことを明らかにした。今季はYouTuberデビューを果たし、ヒット企画を連発して球団公式チャンネルの登録者数の約12倍増に大貢献。野球の垣根を超えた“愛され”の裏には、現在のYouTube動画の主流とは一線を画した逆転の発想があるという。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 昨オフの契約更改でYouTuberデビューを宣言したドアラ。マスコット仲間のシャオロン、パオロンとともに球団公式チャンネル内に「マスコットチャンネル」を新設し、定期的に配信してきた。コロナ禍による無観客試合の際に、ナゴヤドーム内を“うろつく”シュールな動画は26万回再生を突破。ほかにもヤクルトのマスコット・つば九郎とにらめっこ対決をするなど枠にとらわれない企画を発信してきた。

「ドアラさんは相当なポテンシャルを秘めているなと。球団に親しみを持ってもらうためのひとつのポイントだと考えています」

 担当する球団イベント推進部の村山順治さんはそう語る。中日ファン、マスコットファンだけでなく、一般ユーザーも取り込もうと企画を練る。ドアラも一緒になって、1か月先の更新スケジュールを検討。再生回数と動画につくコメントを随時チェックしながら、試行錯誤を繰り返してきた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」