野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・周東が2度の契約交渉で見せた“プライド”「結果を出せば走塁面の価値も高まる」

ソフトバンクの周東佑京外野手は22日、PayPayドーム内の球団事務所で2度目の契約更改交渉に臨み、前回と同じ倍増の4000万円でサインした。18日に続き2度目の交渉でも「走塁の価値を高める」ことを話題に話し合い「深掘りできた」と満足気な表情を見せた。

会見に臨んだソフトバンク・周東佑京【写真:代表撮影】
会見に臨んだソフトバンク・周東佑京【写真:代表撮影】

2度目の交渉で前回と同じ倍増の4000万円でサイン

 ソフトバンクの周東佑京外野手は22日、PayPayドーム内の球団事務所で2度目の契約更改交渉に臨み、前回と同じ倍増の4000万円でサインした。18日に続き2度目の交渉でも「走塁の価値を高める」ことを話題に話し合い「深掘りできた」と満足気な表情を見せた。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 18日の交渉後も「金額に不満はない」と話していた通り、周東は金額的な上積みはなくとも気持ちよくサインに応じた。それも「深く話し合いたいと思っていたが、前回の内容からさらに深掘りできた」と満足した様子。

「速い球を投げたり、(打球を)遠くに飛ばすことはクローズアップされやすいが、盗塁したり、1点を取る走塁も野球においては大事。走塁の評価は難しいと思うが、その辺の見方について『改善しないといけないところもあるのかな』と言っていただいた。僕がもっと結果を出せば走塁面の価値も高まってくると思う」

 充実した話し合いの末に来季の契約を交わしたことで、気持ちは来季へと向いている。狙うのはもちろん2年連続の盗塁王だ。

「1回獲れたから満足するのではなく何年も獲りたいと思うし、チームの勝ちに貢献するためにも変わらずに走っていきたい」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」