野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

大学4年間は遠回りではない 常総学院初の“ドラ1”でロッテ入りの法大・鈴木の決断

4年前の秋。抑えきれない夢への思いを一旦、封じ込め、常総学院・鈴木昭汰はこのグラウンドで法大への進学を決意した。「僕、絶対にプロに行きたいんです」。あどけなさが残る18歳の真っ直ぐな気持ちを受け取った同校・佐々木力前監督は左腕を諭した。プロの評価があまり高くないことを聞いていた。大学で活躍しよう、それは決して遠回りではないんだよ、と肩をたたいた。鈴木はうつむいていた。

ロッテから1位指名を受けた鈴木昭汰(中央)【写真:荒川祐史】
ロッテから1位指名を受けた鈴木昭汰(中央)【写真:荒川祐史】

母校を表敬訪問、懐かしいブルペンにも足を踏み入れる

 4年前の秋。抑えきれない夢への思いを一旦、封じ込め、常総学院・鈴木昭汰はこのグラウンドで法大への進学を決意した。「僕、絶対にプロに行きたいんです」。あどけなさが残る18歳の真っ直ぐな気持ちを受け取った同校・佐々木力前監督は左腕を諭した。プロの評価があまり高くないことを聞いていた。大学で活躍しよう、それは決して遠回りではないんだよ、と肩をたたいた。鈴木はうつむいていた。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 月日は流れ、2020年11月19日。22歳になった鈴木は、一回りも二回りも大きくなって、母校へ帰ってきた。先日のドラフト会議でロッテから1位指名。この日、同校の大会議室では理事長や今夏で退任した佐々木前監督が凱旋報告会を準備し、花束を持って、待っていた。「4年前の約束を見事に果たし、精神的にも大きくなって帰ってきてくれた」とねぎらった。

 大学進学後、鈴木の4年間は決して順風満帆ではなかった。1年生から東京六大学リーグで登板したが、その後は不振に陥り、2年は出場なし。同学年の投手が着実に成績を収める中で不安が先行した。「絶対にプロになる」という強い気持ちが支えたのも事実だが、ひとりよがりになっていたことも否めない。それに気づかせてくれたのが、同期の高田孝一投手(楽天2位)のひたむきに練習する姿や、精神面での成長だった。チームのためにマウンドに立つこと、仲間と一緒に勝利を掴むことの大切さを学び、力で押さえ込むことよりも、ゲームメークする術も覚えた。

 全体練習ではチームの輪を大事に。個別ではトレーニングをこなし、球速は10キロアップした。3年生になると自覚が芽生え、4年生には投手リーダーでチームをまとめることに。勝つためには何をするかを上級生で考えた。「大学の野球部では社会に出ても恥ずかしくないようにと礼儀作法も勉強できました」と話していたこともあった。

 そして今年、“真夏の”春の東京六大学リーグで法大を優勝に導いた。神宮球場で躍動する左腕を見た佐々木前監督は「4年間、苦しんだ分、まるで水を得た魚のように堂々と投げていた」と目を細めた。鈴木も「大学に進んで良かったと思います」と出会いや環境に感謝した。

「人生の選択は難しいし、決断には勇気がいること。何を選択したかではなく、選んだ道でどう頑張るかだと思っていました。もしも、同じような状況の子がいるならば、そう伝えたいですね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」