野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

200キロ剛速球もキャッチ! ギャル系野球YouTuber「めいちゅん」ってどんな人?

ギャル系野球女子YouTuber・めいちゅんが話題となっている。バッティングセンターで200キロの剛速球を捕球する動画が大ヒットし、昨年6月に自身のYouTubeチャンネル「めいちゅんちゃんねる。」を開設。登録者数4.25万人で、総再生回数は450万回の大人気チャンネルとなっている。このほどFull-Count編集部はインタビューを敢行し、22歳の野球女子の経歴や、その魅力、YouTuberとしての夢に迫った。

ギャル系野球女子YouTuber・めいちゅん【写真:小谷真弥】
ギャル系野球女子YouTuber・めいちゅん【写真:小谷真弥】

バッティングセンターで200キロの剛速球を捕球する動画が大ヒット「ボールを取るのは全く怖さはない」

 ギャル系野球女子YouTuber・めいちゅんが話題となっている。バッティングセンターで200キロの剛速球を捕球する動画が大ヒットし、昨年6月に自身のYouTubeチャンネル「めいちゅんちゃんねる。」を開設。登録者数4.25万人で、総再生回数は450万回の大人気チャンネルとなっている。このほどFull-Count編集部はインタビューを敢行し、22歳の野球女子の経歴や、その魅力、YouTuberとしての夢に迫った。

 都内のバッティングセンターに乾いた音が鳴り響く。めいちゅんは青のユニホーム、ホットパンツに身を包み、130キロの球を悠々とキャッチした。「ボールを取るのは全く怖さはないですよ。200キロも構えていれば取れるんですよ。バッティングセンターのボールなら正面に入ったら取れるので」。本塁ベース後方で構える姿には風格すら漂わせる。

 スポーツ大好き女子だった。小学校3年からソフトボールを始め、小学生時に全国ベスト8。中学では捕手、三塁手として千葉県の選抜チームに選ばれた。「ガチでやってました」。高校卒業後にはプロボーラーを目指してボウリング場でアルバイトもした。ベストスコア286とハイレベルだったが、1児のシングルマザーで夜の仕事も兼業した。「朝も夜も働いていて体がきつくなった」と水商売一本に絞ったという。

 しかし、人生は何があるか分からない。「朝ラウンジをやっていたのですが、お客さんに草野球をやっている方が多かったんです。昼間に仕事が終わると、ちょうど草野球をやっているじゃないですか。お客さんのアフター感覚で野球へ行っていました」。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」