野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人の大型補強は優勝に結びつくのか? FA“複数獲得”は今オフで10度目、翌年Vは…

2020年の巨人は2年連続のリーグ優勝を果たしたが、日本シリーズではソフトバンクに0勝4敗で敗れ、2012年以来の日本一奪回はならなかった。今オフはDeNAから梶谷隆幸外野手、井納翔一投手を獲得。2年ぶりにFA補強も行い、積極的にフロントも協力している。ウィークポイントを補う戦力強化といえるが、今オフと同じくFA選手を2人以上を獲得した年の補強を振り返り、翌シーズンの成績を見てみたい(育成入団、シーズン途中入団は除く)。

巨人・原辰徳監督【写真:Getty Images】
巨人・原辰徳監督【写真:Getty Images】

今年はDeNAから梶谷、井納を獲得し、2012年以来の日本一を目指す

 2020年の巨人は2年連続のリーグ優勝を果たしたが、日本シリーズではソフトバンクに0勝4敗で敗れ、2012年以来の日本一奪回はならなかった。今オフはDeNAから梶谷隆幸外野手、井納翔一投手を獲得。2年ぶりにFA補強も行い、積極的にフロントも協力している。ウィークポイントを補う戦力強化といえるが、今オフと同じくFA選手を2人以上を獲得した年の補強を振り返り、翌シーズンの成績を見てみたい(育成入団、シーズン途中入団は除く)。

【写真】「たまたま会いましたー!」 西武山川が巨人坂本と撮った奇跡の2ショットを公開しファン興奮

 巨人が同一年にFAで複数選手を獲得したのは今回が10度目となる。古くは1994年オフ。長嶋政権時代に遡る。

○1994年 優勝&日本一→1995年 3位
川口和久投手(FA、広島)
広澤克実内野手(FA、ヤクルト)
J・ハウエル内野手(ヤクルト)
S・マック外野手(ツインズ)
阿波野秀幸投手(トレード、近鉄)

「10・8」決戦を制してリーグ優勝し、日本一にも輝いた1994年。オフには川口、広澤をFAで獲得し、これが初のW獲りとなった。さらに、ヤクルトを自由契約となったハウエル、新外国人マックと契約したほか、トレードで阿波野も加入。“30億円補強”と呼ばれたが、故障者などもあり、終わってみれば、リーグ3位に終わった。

○1999年 2位→2000年 優勝&日本一
工藤公康投手(FA、ダイエー)
江藤智内野手(FA、広島)
河本育之投手(トレード、ロッテ)
鄭ミンチョル投手(韓国ハンファ)
D・メイ投手(阪神)

 2位で終わり3年連続V逸となった1999年オフは、ダイエーから工藤、広島から江藤のFAW獲りに成功。さらには、阪神からメイを獲得する大型補強を敢行した。「ミレニアム打線」と命名された打線が威力を発揮。松井が2冠王に輝き、江藤も32本塁打。工藤とメイが12勝ずつを挙げるなど補強が当たり、リーグ優勝、日本一となった。

○2005年 5位→2006年 4位
野口茂樹投手(FA、中日)
豊田清投手(FA、西武)
J・パウエル投手(オリックス)
G・グローバー投手(ブルワーズ)
実松一成捕手(トレード、日本ハム)
小坂誠内野手(金銭トレード、ロッテ)
J・ディロン内野手(マーリンズ)
李スンヨプ内野手(ロッテ)
古城茂幸内野手(トレード、日本ハム)
大西崇之外野手(金銭トレード、中日)

 リーグ5位に終わった2005年。そのオフに原辰徳監督が2度目の就任を果たし、大補強に乗り出した。FAでは野口と豊田をW獲りし、オリックスのパウエル、ロッテの李も獲得。金銭トレードでロッテから小坂、新外国人としてグローバー、ディロンも補強した。だが、主力に故障者が続出したため、シーズン中盤に大苦戦。一時は最下位に転落し、最終的には4位に終わった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」