野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ドラ1佐藤輝明や若き大砲の井上広大ら…2021年阪神でブレーク期待の新星候補は?

今季は3年ぶりの2位でシーズンを終えた阪神。終盤には巨人に独走を許したが、大山悠輔内野手が4番に座って28本塁打を放ち、藤浪晋太郎投手が中継ぎで復活の兆しを見せるなど、来季へ期待を抱かせるシーズンとなった。

阪神2位指名の伊藤将司、同1位指名の佐藤輝明、3年目を迎える齋藤友貴哉(左から)【写真:鳥越涼芳、宮脇広久、荒川祐史】
阪神2位指名の伊藤将司、同1位指名の佐藤輝明、3年目を迎える齋藤友貴哉(左から)【写真:鳥越涼芳、宮脇広久、荒川祐史】

今季ウエスタンで9本塁打を放った19年ドラ2井上は1軍定着となるか

 今季は3年ぶりの2位でシーズンを終えた阪神。終盤には巨人に独走を許したが、大山悠輔内野手が4番に座って28本塁打を放ち、藤浪晋太郎投手が中継ぎで復活の兆しを見せるなど、来季へ期待を抱かせるシーズンとなった。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 現役を引退した藤川球児投手や退団し中日に移籍した福留孝介外野手らがチームから去り、若返りを進めている。来季は矢野政権3年目。2021年の阪神でブレークが期待される若手選手をピックアップしていってみよう。

○井上広大外野手(2年目・19歳)

 2019年ドラフト2位で入団した井上は今季、シーズン終盤に1軍昇格。11打数1安打と結果は残せなかったが、1軍の舞台で経験を積んだ。ウエスタン・リーグではリーグ2位タイの9本塁打を放ち、潜在能力はピカイチ。糸井嘉男外野手やロハスJr.外野手、佐藤輝明内野手と外野のポジションを争うこととなるが、持ち前の長打力で出場機会を増やしたい。

○齋藤友貴哉投手(3年目・25歳)

 来季で3年目を迎える齋藤は、今季途中に先発転向。11月のフェニックスリーグでは3試合に先発して、19回1/3を2失点とアピールした。1軍での登板はまだ少ないが、今季は1軍で7イニングを投げて11奪三振。ファームでは46イニングで51奪三振と、奪三振率は高い数字を誇る。課題でもある制球力を改善し、来季は1軍で結果を残したい。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」