野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「捕手として大事なもの」鷹・甲斐拓也が語る“キャノン”よりも誇れる技術とは?

ソフトバンクの甲斐拓也捕手が25日、本拠地PayPayドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、5500万円増の1億6500万円で来季の契約にサインした。(金額は推定)

ソフトバンク・甲斐拓也【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・甲斐拓也【写真:荒川祐史】

25日に5500万円増の1億6500万円で契約を更改した甲斐拓也

 ソフトバンクの甲斐拓也捕手が25日、本拠地PayPayドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、5500万円増の1億6500万円で来季の契約にサインした。(金額は推定)

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 育成出身の甲斐はシーズン序盤にはスタメンから外れる時もあったが、3年ぶりのリーグ優勝と4年連続日本一の立役者の1人に。今季は104試合に出場して打率.211、11本塁打33打点。日本シリーズでは好リードで投手陣を導き、巨人打線を4試合で最少記録となる16安打4得点に抑え込み、2年連続4連勝での日本シリーズ制覇に貢献した。

 甲斐の武器といえば、この日球団からも高く評価をされたという守備面だ。育成選手で入団してから、スローイングを中心とした守備面を第一に考えて練習に励んできた。1軍の主力に定着した2017年から4年連続ゴールデングラブ賞。球界でもトップの守備力を誇る捕手となった。

「打つことも大事、打たないといけないと思っていますけど、守備で入ってきた人間。プロ入って10年目が終わりましたけど、そういった自分になれているのはこだわって長所を伸ばそうとしてきたのは間違ってなかったと思います。今までのたくさんのコーチに教わってきて、そういう方達のおかげでここまでできていると思います」

 甲斐がこう語り、これまで指導を受けてきたコーチ陣への感謝の思いも口にする。そのキャッチャーとしての守備で甲斐が大事にするものがある。「甲斐キャノン」と称されるスローイングに注目が集まりがちだが、最も大事なのは別のものにあるというのだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」