野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

なぜ鷹は千賀のポスティングを認めないのか? 根底にある球団の“野望”とは…

26日に契約更改交渉を行い、今季から1億円増の年俸4億円で来季の契約を結んだソフトバンクの千賀滉大投手。その交渉の席上で最も時間をかけて話し合われたのは、以前から千賀が希望しているポスティングシステムを利用してのメジャーリーグ挑戦についてだった。(金額は推定)

ソフトバンク・千賀滉大【写真:代表撮影】
ソフトバンク・千賀滉大【写真:代表撮影】

ソフトバンクが目指しているのは「世界一の球団」

 26日に契約更改交渉を行い、今季から1億円増の年俸4億円で来季の契約を結んだソフトバンクの千賀滉大投手。その交渉の席上で最も時間をかけて話し合われたのは、以前から千賀が希望しているポスティングシステムを利用してのメジャーリーグ挑戦についてだった。(金額は推定)

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 これまでも球団に希望を伝えてきていた千賀だったが、この日も改めてその思いを伝えた。交渉は1時間超になり、その後に行われた会見で千賀は「アメリカの話が多かったと思います。去年と変わらず引き続き話をさせてもらっている感じです。状況は変わらないですね。なかなか難しいことじゃないかなと思います」と表情を曇らせた。

 ソフトバンクは球団としてポスティングでのメジャー挑戦は認めておらず、その姿勢は一貫している。交渉を担当する三笠杉彦取締役GMもこの日、改めて「今日のところで我々の方針について変更があったというのはない。今日の時点ではそう(認めないということ)ですね」と示していた。

 今オフは巨人の菅野智之投手や日本ハムの有原航平投手、西川遥輝外野手がポスティングシステムを利用してのメジャー挑戦を目指している。奇しくも千賀と同い年の有原はこの日レンジャーズとの契約に合意。菅野も2017年のWBCでチームメートとして戦っており、千賀自身も「ここ数年は一緒にユニホームを着たり、同級生の(メジャー移籍の)話が多いので身近に感じる部分は結構強い」と語っていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」