野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

苛立っても、涙を流しても… 広島ドラ3大道が入学前から監督室に通い詰めた理由

今年のドラフト会議で広島から3位指名された八戸学院大・大道温貴投手は、正村公弘監督への感謝をこんな言葉で表現した。「僕という投手を作ってくれた」。春日部共栄高から進学し、投手育成に定評がある正村監督のもとで成長。夢の扉を開いた。文字にすると、わずか2文字の「成長」。その過程はいかなるものだったのか。4年後のプロ入りを目指して進学した大学生と、これまで好投手を輩出してきた監督の4年間の物語――。第2回は入学前の“1年生”がとったまさかの行動。

広島ドラフト3位・大道温貴(左)と八戸学院大・正村公弘監督【写真:高橋昌江】
広島ドラフト3位・大道温貴(左)と八戸学院大・正村公弘監督【写真:高橋昌江】

大学入学前から監督室で正村監督にマンツーマン指導を受ける

 今年のドラフト会議で広島から3位指名された八戸学院大・大道温貴投手は、正村公弘監督への感謝をこんな言葉で表現した。「僕という投手を作ってくれた」。春日部共栄高から進学し、投手育成に定評がある正村監督のもとで成長。夢の扉を開いた。文字にすると、わずか2文字の「成長」。その過程はいかなるものだったのか。4年後のプロ入りを目指して進学した大学生と、これまで好投手を輩出してきた監督の4年間の物語――。第2回は入学前の“1年生”がとったまさかの行動。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 コン、コン、コン――。八戸学院大硬式野球部寮「飛天寮」の監督室の扉が鳴る。

「シャドー、見てください」

 かつて寮の玄関には大きな鏡があった。その前で投球動作を繰り返す大道。それを見ながら助言を送る正村監督。そんな光景が日常になっていた。2017年2月のこと。大道は、正式にはまだ高校3年生である。

「1番に入寮してきて、ほぼ毎日。ずっとだよ(3月の)キャンプに行くまで。そういうことをする選手はいないから、珍しいよね。でもまぁ、上手になりたいという気持ちがあるのかなと思いましたよ」

 2003年からコーチ、2010年12月から監督を務める指揮官にとっても初めてのことだった。

「新しい発見が多かったんです」と大道はいう。

「僕、高校の時は投球フォームがきれいだと言われていたんです。大学では体を鍛えていくんだろうなと思っていたけど、フォームの修正点が多くて『え!?』という感じは大きかったですね」

 指摘されたのは体の軸。「体が傾くのはいいんだけど、傾きすぎると体の中心から手が離れていってしまう」と正村監督は振り返る。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」