野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

12球団の今季MVPは誰? 総合指標「WAR」で見るチームへの貢献度【セ編】

2020年も残すところあと1日となった。新型コロナウイルスの感染拡大により開幕が延期となったプロ野球も120試合制でなんとかシーズンを終了。ソフトバンクが4年連続日本一となり、幕を降ろした。

広島・鈴木誠也、巨人・坂本勇人、阪神・近本光司(左から)【写真:荒川祐史、読売巨人軍、津高良和】
広島・鈴木誠也、巨人・坂本勇人、阪神・近本光司(左から)【写真:荒川祐史、読売巨人軍、津高良和】

巨人の救援投手で貢献度1位は鍵谷、阪神野手は大山ではなく近本

 2020年も残すところあと1日となった。新型コロナウイルスの感染拡大により開幕が延期となったプロ野球も120試合制でなんとかシーズンを終了。ソフトバンクが4年連続日本一となり、幕を降ろした。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 セ・リーグは巨人、パ・リーグはソフトバンクが制した2020年シーズン。それぞれの球団でもチームに貢献できた選手もいれば、期待に応えられなかった選手もいる。そこでここではセイバーメトリクスの指標を用い、12球団それぞれのMVPを、先発投手、救援投手、野手からそれぞれ検証、選出してみた。

 検証には打撃、走塁、守備、投球を総合的に評価して選手の貢献度を示す「WAR」という指標を用いる。この指標は最少コストで代替可能な選手に比べて、どれだけチームの勝利数を増やしたかを示し、データは、セイバーメトリクスの指標を用い分析などを行う株式会社DELTA(https://1point02.jp/)のデータを参照した。

○巨人
先発:菅野智之(4.8)
救援:鍵谷陽平(1.3)
野手:坂本勇人(5.7)

 2年連続でセ・リーグを制した巨人はエースの菅野と主砲の坂本が投打のMVPに。坂本はWAR5.7をマークしてチームトップ。本塁打、打点で2冠王に輝いた岡本和真はWAR5.3で坂本に次ぐ2位だった。最多勝に輝いた菅野は投手陣でトップのWAR4.8。中継ぎでは昨季途中に日本ハムからトレードで加入した鍵谷がトップ。中川皓太や高梨雄平よりも、WARにおいては貢献度が高いという結果になった。

○阪神
先発:西勇輝(3.7)
救援:ロベルト・スアレス(1.7)
野手:近本光司(5.5)

 今季2位だった阪神では先発は11勝をマークした西勇、野手では打率.293だった近本がトップ。西勇はWAR3.7で青柳晃洋が3.1の2位だった。近本のWARは5.5で、2位の大山悠輔の3.6を上回った。打撃面では当然、大山の方が指標では上回っているものの、守備や走塁のトータルで見るWARでは近本が上に。リリーフは最多セーブのタイトルを獲得した守護神のスアレスがトップだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」