野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

リーグ最多32度の逆転負けを喫した楽天 今季の成果と課題を振り返る【投手編】

2013年以来7年ぶりとなる日本一を目指し、「NOW or NEVER いまこそ 日本一のへ」というスローガンのもと戦い抜いた楽天。終盤の失速が響き4位という結果に終わったものの、チーム打率はリーグトップの.258を記録するなど来季への収穫もあった。本記事は投手を中心とした前編、野手を中心とした後編に分けて、各選手にフォーカス。上記の「パーソル パ・リーグTV」特集動画「シーズンレビュー2020」とともに、楽天の2020年シーズンを振り返っていく。

楽天シーズンレビュー2020【画像:パーソル パ・リーグTV】
楽天シーズンレビュー2020【画像:パーソル パ・リーグTV】

プロ野球史上初「3球団で最多勝」完全復活した涌井秀章

 2013年以来7年ぶりとなる日本一を目指し、「NOW or NEVER いまこそ 日本一のへ」というスローガンのもと戦い抜いた楽天。終盤の失速が響き4位という結果に終わったものの、チーム打率はリーグトップの.258を記録するなど来季への収穫もあった。本記事は投手を中心とした前編、野手を中心とした後編に分けて、各選手にフォーカス。上記の「パーソル パ・リーグTV」特集動画「シーズンレビュー2020」とともに、楽天の2020年シーズンを振り返っていく。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 コロナ禍で開幕がおよそ3か月押し、120試合制、さらに同一カード6連戦という変則日程になった2020年シーズン。2年ぶりに開幕投手を任された則本昂大投手が白星を挙げると、楽天投手陣は抜群のスタートを切った。今季から抑えに配置転換された森原康平投手をはじめ、新戦力の牧田和久投手やシャギワ投手、昨季9勝を挙げた辛島航投手も中継ぎに回り、開幕5戦目まで無失点と盤石のリレーを披露。投打もかみ合って序盤戦首位をキープし、Aクラス入りは必至と思われた。

 しかし、中盤以降徐々に投手陣が安定感を欠き、最終的にはリーグワーストの32度の逆転負けを喫するふがいない結果に。チームも4位に終わった。

 そんな中、シーズンを通して先発ローテーションを守り続けたのが涌井秀章投手である。西武、ロッテと2球団を渡って今季から楽天に加入した涌井は、開幕から自身8連勝を挙げると、シーズン計11勝で最多勝を獲得し、プロ野球史上初の「3球団で最多勝」を達成した。2016年シーズンに10勝を挙げてから2桁勝利から遠ざかっていたことを考えると、期待値以上の結果を残したといえる。

 8月5日のソフトバンク戦では、9回1死まで無安打に抑える好投を披露。惜しくもノーヒットノーランとはならなかったものの完封勝利を飾るなど、主戦としてチームを支え続けた。しかし、9月以降は10試合で3勝3敗、防御率5.08と不安定な結果に。来季はプロ17年目を迎える涌井。投手陣の柱として、則本昂大投手や岸孝之投手とともにシーズンを通して活躍し、東北の地で日本一を達成したい。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」