野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

復活待たれる山川&森…“3代目おかわり”が定位置奪う? 西武開幕スタメン予想

2020年にリーグ3連覇を逃した西武。9月上旬まで5位に低迷していたが、終盤一気の追い上げでAクラスの3位は確保した。外国人選手は左腕投手のノリンが退団したものの、今のところ新外国人獲得の情報もない。一方、日本ハムから吉川光夫投手が金銭トレードで加入。ドラフトでは支配下6人、育成5人を指名した。V奪回を目指す21年の開幕戦は3月26日のオリックス戦。そのスタメンを予想してみた。

西武・森友哉、山川穂高、渡部健人(左から)【写真:荒川祐史、埼玉西武ライオンズ提供】
西武・森友哉、山川穂高、渡部健人(左から)【写真:荒川祐史、埼玉西武ライオンズ提供】

山川の4番固定、森の復調なくしてV奪回なし

 2020年にリーグ3連覇を逃した西武。9月上旬まで5位に低迷していたが、終盤一気の追い上げでAクラスの3位は確保した。外国人選手は左腕投手のノリンが退団したものの、今のところ新外国人獲得の情報もない。一方、日本ハムから吉川光夫投手が金銭トレードで加入。ドラフトでは支配下6人、育成5人を指名した。V奪回を目指す21年の開幕戦は3月26日のオリックス戦。そのスタメンを予想してみた。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

1(中)金子侑司
2(遊)源田壮亮
3(二)外崎修汰
4(一)山川穂高
5(捕)森友哉
6(指)栗山巧
7(左)コーリー・スパンジェンバーグ
8(三)渡部健人
9(右)木村文紀
投手 高橋光成

 リードオフマンはやはり金子が理想だ。20年は開幕直後から打撃不振に陥り、首痛もあって戦線離脱。それでも8月に復帰すると調子を上げ、バットを一握り分短く持つスタイルに変えてしぶとさも増した。“ポスト秋山”としてもう一皮むけてほしい。

 18、19年に2年連続本塁打王に輝いた山川は、20年には右足首の故障もあり、打率.205、24本塁打と極度の不振で、シーズン最終盤の10月31日に戦列を離れた。この男の4番固定なくしてチームの浮上はない。捕手としてリードに悩んだ森の復調も不可欠だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」