野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

井口の二塁起用は「指導者人生を賭けた」 ロッテで“まな弟子”支える名伯楽の思い

今季就任4年目を迎えるロッテ・井口資仁監督。その指揮官とかつてホークスの主軸を担った前侍ジャパン監督の小久保裕紀氏が、古巣ソフトバンクのヘッドコーチに就任した。両者の対戦は、今季の楽しみのひとつでもある。

ロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】

かつてホークスの主軸をともに担った小久保氏との対戦にも注目

 今季就任4年目を迎えるロッテ・井口資仁監督。その指揮官とかつてホークスの主軸を担った前侍ジャパン監督の小久保裕紀氏が、古巣ソフトバンクのヘッドコーチに就任した。両者の対戦は、今季の楽しみのひとつでもある。

【動画】メジャーも注目? パを代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

 そこで、南海・ダイエー・ソフトバンク時代を通じてホークスに選手として10年、指導者として13年在籍し、現役時代の2人指導した森脇浩司氏に、それぞれの素顔を語ってもらった。後編は、井口監督の現役時代の分岐点。今季からロッテの1軍野手総合兼内野守備走塁コーチとして“まな弟子”を支える森脇氏ならではのエピソードとは――。

 同じ青学大出身で、3歳上の小久保ヘッドは1993年、井口監督は1996年のドラフトで、いずれも逆指名でダイエー(現ソフトバンク)に入団した。「2人の共通点はいろいろありますが、プロ入り当初からリーダーの資質を垣間見せていたことがその1つ」と森脇氏。「自信家でありながら、向上心に満ちあふれ、常に謙虚。そして、若い時から自己主張ができる2人でした。話がうまいとかではなく、人前で発言する姿勢、相手の話を聞く姿勢に感心しました」と説明する。

 鳴り物入りでプロ入りした井口監督。大学通算24本塁打の実績、甘いマスクでデビュー前から人気は絶大だった。しかし4年目の2000年、野球人生の岐路を迎える。左肩を痛めて手術を余儀なくされ、この年のオフ、高知市営球場で行われた秋季キャンプで、遊撃手から二塁手へコンバートされることになった。このプロジェクトを推進したのが、1軍内野守備走塁コーチに就任した森脇氏だった。

 ショートは内野の花形。高校時代から名遊撃手として鳴らしてきた井口監督にとって、口には出さなかったものの、このコンバートには内心受け入れがたいものがあったはずだ。森脇氏も「僕自身、このコンバートには指導者人生を賭けました」と腹を据えていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」